吸収スペクトル 評価:優

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,033
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    吸収スペクトル

     溶液中のある成分が光を吸収する度合いを測定して、その成分を定量する分析法を、吸光光度法という。今回の実験は、その吸光光度法により、溶液中のある成分が光を吸収する度合いを測定する。その測定結果を踏まえ、ランベルトベールの式からおよそのモル吸光係数εを計算する。

    基礎的な実験であるため、レポートとしての完成度が求めらる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    吸収スペクトル
    Ⅰ、実験目的
     溶液中のある成分が光を吸収する度合いを測定して、その成分を定量する分析法を、吸光光度法という。今回の実験は、その吸光光度法により、溶液中のある成分が光を吸収する度合いを測定する。その測定結果を踏まえ、ランベルトベールの式(下記の①式)からおよそのモル吸光係数εを計算する。
       ①
    それぞれの記号について、強さI0の光が、モル濃度C、液層の厚さlの着色溶液を通過した後の強さをIとする。左式の値は各図1、図2における極大吸収波長のAbsと同値である。
    また、次の表1は吸収される光の波長と余色を表したものである。
    吸収される光
    余色
    吸収される光
    余色
    波長(nm)

    波長(nm)

    400~435

    緑黄
    560~580
    黄緑

    435~480


    580~595


    480~490
    緑青

    595~610

    緑青
    490~500
    青緑

    610~750

    青緑
    500~560

    赤紫
    表1
    有効数字は3桁で表記するものとする。
    Ⅱ、実験の操作、手順
    (1)、フェノールフタレインの吸収スペクトル
    操作1・・・0.5mMのフェノール..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。