成年後見制度における法人後見の意義と機能について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数624
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    成年後見制度における法人後見とは何か。法人後見のメリットは何か、逆に法人後見を利用するときのデメリットとは何かについて論述する(1200字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法上人には自然人と法人がある。自然人とは生命を持った人間
    のことであり、憲法が保障する権利を保有し自分の権利を行使する
    ことができる。法人とは法律によって人格や権利能力を付与された
    人や財産などの集団のことである。
    自然人が自らの権利を行使するには自らで判断し決定を下す意思
    能力の有無が問題となる。しかし、何らかの理由でそれを欠いた時
    はその人の権利を擁護する制度が必要となる。それが後見制度であ
    る。法人後見とは知的障害者や認知症高齢者等の権利を擁護する成
    年後見制度につき、法人が後見するもののをいう。民法843条4項に
    て法人の後見選任の規定があることから可能と考えられている。な
    お未成年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。