[社会福祉士]権利擁護と成年後見制度[A評価]

閲覧数2,445
ダウンロード数17
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成校のレポート課題、「権利擁護と成年後見制度」における「成年後見制度について、立法趣旨を踏まえて説明しなさい」について記述したものです。
    100点満点中90点のA評価を頂いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    権利擁護と成年後見制度
    【課題】成年後見制度について、立法趣旨を踏まえて説明しなさい。
    成年後見制度は、判断能力が不十分な人の生活、療養看護および財産の管理に関する事
    務を、本人とともに本人の支援者である成年後見人等が行うことによって、本人の意思や
    自己決定を尊重しながら本人を保護するための法律上の制度である。成年後見制度は、法
    定後見制度と任意後見制度とに大別され、法定後見制度は、後見、保佐および補助の三つ
    の類型によって構成されている。
    法定後見は、家庭裁判所の審判によって開始されるものであり、本人の行為能力が制限
    されるとともに成年後見人等に一定の権限が付与される法定の後見制度であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。