社会福祉士基礎研修1 事前課題 中間課題1「共通基盤の理解」

閲覧数2,084
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    中間課題1集合研修2資料「社会福祉士共通基盤の理解」を読んで、なぜ社会福祉士にとって共通基盤が必
    要なのか、あなたの日頃の実践を振り返りながらまとめてください。
    課題作成の参考にどうぞ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中間課題1集合研修2資料「社会福祉士共通基盤の理解」を読んで、なぜ社会福祉士にとって共通基盤が必
    要なのか、あなたの日頃の実践を振り返りながらまとめてください。
    (スペース含めず 2400~2600 字程度)※必要以上の改行、字下げは避けて下さい。
    受講番号: 氏名:
    受講番号等を入力するにはここをダブルクリックして下さい。本文を記入する時は本文をダブルクリックして下さい。
    ページ NO.1 横 50 文字×縦 40 行
    社会福祉士は身体や精神などの障害、母子、生活困窮、病気など環境上の理由で日常生活に支障が出ている者
    への相談援助にあたる専門職である。困難な状況にある者の問題の解決へ向けて、専門知識や技術を使って必要
    なサービスや人へとつないでいくという役割を担う。
    一方で、社会福祉士は何が出来るのか見えにくいという指摘もある。社会福祉士しかできないこととは何かと
    いうことが曖昧で、「クライアントの問題を解決に導く」としてもそれは他職種によってもできることも含まれて
    いるし、ともすれば他職種の方が実際に役に立っているようなこともある。社会福祉士はいったい何ができるの
    か?...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。