仏教大学 公共政策学 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数90
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    判定A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    講座コード : V0307 講座名 : 公共政策学 第 1 設題
    学籍番号 : 氏名 :
    V0307 公共政策学
    第 1設題
    新 自由主 義改 革によ る公共 政策の 危機 につい て、民 営化、規 制緩和 、財
    政 改革、 地方 分権と 新中央 集権、 貿易 自由化 などと 関連させ 、あな たの
    地 域を事 例に して具 体的に 論じて くださ い。
    ま ず、最初 に新自 由主 義(ネオ リベラ リズム)とは、1938 年に ドイツ
    の 学者 Alexander Rüstow と Colloque Walter Lippmann によ り作ら れた 、
    そ の会議 では 新自由 主義の 概念を「 価格決 定のメ カニズ ム、自由 な企 業、
    競 争があ り強 く公平 な国家 体制の 優先 」と定 義した 。自由主 義(リ ベラ
    リズム) の中 で「新 自由主 義」(ネ オリベ ラリズ ム)と 名付 けた理 由は 、
    現 代の経 済政 策が必 要だか らであ る。(※1)
    その新自 由主 義改革 として 、民営 化 や 自由化 、規制 緩和等あ るが、 小職
    の 地域の ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。