代表キーワード :: 生態学

資料:1件

  • 休眠と発芽に影響を及ぼす要因
  • 種子のサイズや発芽要因・休眠、散布様式は繁殖の成功を最大にするように淘汰されてきた形質でありそのなかでも休眠は植物の環境に対する適応の結果であり、それにより種子や芽は不適な環境で発芽したよう植物をしに至らしめることなく、成長に適した環境においてのみ発芽生育する..
  • 550 販売中 2005/12/21
  • 閲覧(2,292)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告