代表キーワード :: 名誉毀損

資料:7件

  • 表現の自由の制限について論じなさい
  • 表現の自由の制限について論じなさい。  憲法では、「一切の表現の自由」が保障されている。しかし、ある表現活動が他人の権利や自由を侵す結果になる場合には、制限を受ける。 ①名誉毀損の表現  名誉毀損の表現に関しては、刑法では刑罰、民法では損害賠償責任というように制限が..
  • 550 販売中 2008/03/24
  • 閲覧(8,180)
  • ネット上の名誉毀損やプライバシー侵害ついて
  • この記事を見てインターネットの怖さをあらためてわかりました。インターネットは名前も明かさずに世界中の人々が自由に行き来し、いろいろな情報を知ることができます。そのため誰もがキーワードを入力すればどんな細かいこともパソコンが見つけてくれるという簡単なものである。..
  • 550 販売中 2006/08/03
  • 閲覧(1,257)
  • 名誉毀損罪の真実性の証明と挙証責任
  • [問題] 甲は、自己が編集・発行する夕刊地方紙に、地元の信頼できる市役所幹部職員乙の情報に基づき、市会議員丙が、建設予定の公民館の工事入札の便宜を得ようとして、市役所土木部長丁に対して、「おれには、新聞社に知り合いがあるのだが、お前には汚職の疑いがあるそうではな..
  • 550 販売中 2006/07/12
  • 閲覧(1,685)
  • 表現の自由について
  • 表現の自由とは、人間の心の作用を、外部に公表する精神活動の自由を示す。憲法では一九条において、「思想・良心」の自由が、二一条においては「言論・出版その他一切の表現の自由」が保障されている。  表現の自由を保障することは極めて重要とされるが、ある表現活動が他人の権..
  • 550 販売中 2006/03/14
  • 閲覧(3,120) コメント(1)
  • 国会議員の発言と私人の名誉毀損(答案構成例)
  • <報告手順> 1 手段は2つ 2 不法行為 損賠 ・制限説 ←萎縮的効果 ・絶対的免責特権 ∵51条の趣旨 議員の職務執行の自由 議院における言論の自由 他の機関や多数派からの不当な干渉排除 ∴絶対的免責特権、損賠だめ 3 国賠 ∵個人の尊厳の原理(13条)から救済手..
  • 550 販売中 2005/11/10
  • 閲覧(1,699)
  • 刑法各論 名誉毀損の真実性の証明
  • 問題  週刊誌の記者であるAは、県知事Xが土木業者から賄賂を取っていることを聞き及び、そのことを週刊誌に掲載した。そのため、Xの評判は悪くなり、間もなくして実施された選挙において、Xは落選してしまった。Xは、Aを名誉毀損で告訴した。Aは、聞き込みで集めた資料により掲載..
  • 550 販売中 2005/11/05
  • 閲覧(3,170)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告