代表キーワード :: 免責特権

資料:5件

  • 国会議員と命令委任
  • <国会議員について、いわゆる「命令的委任」の制度を導入する法律を制定することは認められるか> 1.命令的委任とは、議員が選挙人の意思に拘束されることを意味し、選挙人の意思に反するときには、議員は選挙人から直接に議員の地位を奪われることとなる。そのようなことが認め..
  • 660 販売中 2005/11/17
  • 閲覧(2,143)
  • 国会議員による国民の名誉毀損と、国会議員の免責特権について
  • 1.問題提起 日本国憲法は、50条で議員の不逮捕特権、そして51条で免責特権について規定している。本問では、国会議員の発言によって名誉を毀損された国民が当該議員の民事上・刑事上の法的責任を追及しうるかが問われており、特に51条の免責特権の意義と限界をどのように理解する..
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(2,572)
  • 憲法:議員の免責特権
  • 憲法51条は、「両議院の議員は、議院で行った演説、討論又は表\\決について、院外で責任を問はれない」と規定し、国会議員の免責特権を認めている。 近代立憲主義憲法は、議員の不逮捕特権(50条)と並んで、ほとんど例外なくこの種の特権を規定している(例えばアメリカ合衆..
  • 550 販売中 2005/10/12
  • 閲覧(1,987)
  • 議員の免責特権(判例評釈)
  • 医療法の一部を改正する法律案を審議する委員会における、国会議員Xの発言によって夫の名誉を毀損され、その直後に夫が自殺したとして、その妻Yが、不法行為を理由に当該議員と国を訴えた事件である。  本件発言は、国会議員であるXによって、国会議員としての職務を行うにつ..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,632)
  • 議員の免責特権(学説のまとめ)
  • 議員個人への民事上・刑事上の責任追及は認められるか。前提として、51条の趣旨が問題となる。 そもそも憲法が議員の免責特権を定めた趣旨は、主権者たる国民(前文1段、1条後段)の代表である国会議員に職務執行の自由を与えることで、国権の最高機関である国会(41条前段..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(2,105)
資料を推薦する
会員アイコンに機能を追加
ファイル内検索とは?
広告