wady0202さん累積訪問者(128,424名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:47件

  • 国会単独立法と国民立法
  • <「国会は、必要があると認めるときは、議決により法律案を国民投票に付することができる。その場合、投票の過半数の賛成があるときは、右法律案は法律として成立する。」という趣旨の法律が制定されたと仮定する。この法律に含まれている憲法上の問題について論じなさい。> 1
  • 660 販売中 2009/01/28
  • 閲覧(831)
  • 民事訴訟法レジュメ(訴訟の審理 その2)
  • 裁判上の自白  口頭弁論または弁論準備手続において、相手方主張の自己に不利益な事実を認める旨の当事者の弁論としての陳述 自己に不利益の意義  相手方が証明責任を負う事実のみが「自己に不利益」な事実にあたる。それ故、自己が証明責任を負う事実を否定する陳述は自白で
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(1,234)
  • 民事訴訟法レジュメ(訴訟の審理 その1)
  • <訴訟の審理> 審理の過程 <口頭弁論>  受訴裁判所の面前で、当事者双方の関与のもとに、口頭で弁論および証拠調べを行って裁判資料を収集し、それに基づき裁判をする審理手続ないし審理方式 準備書面(161)  当事者が口頭弁論において陳述しようとする事項を記載し
  • 550 販売中 2007/11/14
  • 閲覧(1,825)
  • 債権各論レポート(請負)
  • 請負(請負人の仕事完成義務) ①請負とは、当事者の一方(請負人)がある仕事の完成を約し、相手方(注文者)がその仕事の結果に対して報酬を支払うことを約する契約をいう(632条)。請負は、諾成・双務・不要式の契約である。 ②請負人は、請負契約の成立により適当な時期
  • 770 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,215)
  • 民事訴訟法レポート(訴訟物)
  • 1.訴訟物とは、原告の訴え、具体的には訴状の請求の趣旨および原因によって特定され、裁判所の審判の対象となる権利関係を指す。訴訟物に関しては、特定の問題があるとともに、特定された訴訟物を前提として、二重起訴の禁止(142条)、訴えの変更(143条)、請求の併合(
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(2,313)
  • 行政法レジュメ(手続的統制)
  • <行政活動の手続的統制> 行政手続法の意義  処分、行政指導及び届出に関する手続に関し、共通する事項を定めることで、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、もって国民の権利保護に資することを目的とする(行政手続法1条) 対象 ①行政処分(申請に対する処
  • 550 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,842)
  • 行政法レポート(剣道実技拒否事件)
  • 1.今回問題となっている事案は、公立高校である神戸高専の校長は、原告が信仰する宗教の教義上の理由から必修科目とされている剣道の実技を拒否したことを理由に、科目の単位認定をせずに原級留置処分とし、結局原告は神戸高専を退学処分となったというものである。この事案で問
  • 770 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(4,890)
  • 刑事訴訟法レポート 捜索差押
  • 「警察官Aは,覚せい剤の密売人と目される甲を覚せい剤譲渡の被疑者として通常逮捕し,その際,甲が持っていた携帯電話を,そのメモリーの内容を確認することなく差し押さえた。その上で,Aが,無令状で,甲の携帯電話を操作して,そのメモリーの内容を精査したところ,同携帯電..
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(2,848)
  • 不真正不作為犯
  • 『不真正不作為犯』 <意義>  不真正不作為犯とは、作為の形式で定められている犯罪を不作為によって実現する犯罪をいう。 作為の形式で定められている構成要件も単に作為を標準として規定されているにすぎず、作為犯の禁止規範には一定の場合には一定の作為をせよという命令
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,770)
  • 正当防衛
  • 『正当防衛』 <正当防衛の意義>  正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為をいう(§36Ⅰ)。違法性の実質は、社会的相当性を逸脱した法益侵害行為である。そして、正当防衛は、緊急状態の下で法益侵害に対して反撃
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,115)
  • 原因において自由な行為
  • 『原因において自由な行為』 <原因において自由な行為の意義>  原因において自由な行為とは、自らを責任無能力、あるいは限定責任能力の状態におとしいれて(原因行為)、その状態で犯罪を実現すること(結果行為)をいう。行為者に道義的避難を加えられなければ罰することは
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(1,442)
  • 緊急避難
  • 『緊急避難』 緊急避難とは、現在の危難に対し、自己又は他人の生命、身体、自由もしくは財産を守るためにやむを得ずにした行為である。 <緊急避難の要件> ①現在の ②危難に対して ③自己又は他人の生命、身体、自由もしくは財産を ④守るために(避難行為・避難の意思)
  • 660 販売中 2007/11/08
  • 閲覧(977)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?