資料:7件

  • 代理権の濫用(93条ただし書類推適用説)
  • A の長期にわたる出張中に、その妻Bは、Aに無断で、Aの実印と権利証を利用して、A所有の甲不動産をCに売却した。 帰ってきたAは、BC間の売買の無効を主張して、Cに対して甲不動産の返還と所有権移転登記の抹消を請求している。この請求は認められるか。この請求が認めら..
  • 550 販売中 2006/08/21
  • 閲覧(1,904)
  • 親権行使と取引の安全
  • 親権とは、子供の世話をしたり、教育をしたり、生活全般における子供の面倒をみたりする権利(「身上監護権」という)と、子どもにかわって財産管理・法律行為を行う権利(「財産管理権」という)との総称である。親権が認められた趣旨は、離婚してどちらかに親権を決めないと、子..
  • 550 販売中 2006/04/24
  • 閲覧(728)
  • 民法:表見代理(109条)
  • まず、X が代理権を与えた相手はC である以上、B は無権代理人である。しかし、Y から見ると、あたかもX がB に代理権を与えたかのように見える。 そこで、白紙委任状の交付を109 条の代理権の授与表示と解し、表見代理が成立するか。 思うに、委任は、代理を伴うのが通常である..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,744)
  • 民法:夫婦の日常家事債務と代理
  • 1 本件において、A は、BC 間の売買の無効を主張し、C に対して甲不動産の返還と所有権移転登記の抹消を請求している。そのため本件ではC との関係で表見代理が成立するかどうかが問題となる。 2(1) この点、考えられるのは110 条の表見代理であるが、そもそもB に基本代理権はあ..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(2,554)
  • 民法:無権代理と相続
  • 本問で、B は追認拒絶することができれば、C は建物の明け渡しを請求できない。 それでは、無権代理人B が本人A の地位を相続した場合、無権代理人は本人の地位から追認拒絶できるか。 思うに、本人と無権代理人の地位は併存し、その使い分けができると解する(地位依存説)。 ..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,353)
  • 民法:表見代理(110条)
  • (1)本件では、妻B が夫A の土地を無断でC に売却している。C は土地所有権を取得できるか。 (2)この点、土地売却は通常日常家事の範囲に含まれないから、C は761 条に基づいて土地所有権を取得することはできない。そこで、日常家事の代理権を基本権限として110 条の表見代理が成..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(1,816)
  • 民法:代理権の濫用
  • 丙は乙の背任的意図について悪意であり、このような丙を保護する必要はないといえる。 そこで、取引の相手方が悪意の場合に法律行為の効果を否定し、本人を保護するための法律構成ができないか、問題となる。 この点、「本人のため」(99 条1 項)とは本人に法律行為の効果を帰属さ..
  • 550 販売中 2005/06/18
  • 閲覧(3,139)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?