ぶーにゃんさん累積訪問者(295,113名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:117件

  • 刑法総論 『正当防衛』
  • 「刑法総論」  犯罪論-違法性  『正当防衛』  問題)正当防衛として違法性が阻却されるための要件を、正当防衛状況と正当防衛行為 とに分けて説明しなさい。  1.正当防衛状況  正当防衛が認められるためには、「急迫不正の侵害(刑法36条)」にたいする行為であ
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,031)
  • 刑法総論 『法定違法性阻却事由とその根拠』
  • 「刑法総論」  犯罪論-違法性  『法定違法性阻却事由とその根拠』  問題)違法阻却の一般原理及び正当防衛の違法性阻却の根拠について論じなさい。  1.違法性阻却の一般理論  構成要件は違法行為を類型化したものであるから、構成要件に該当する行為は特別な事 情の
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,946)
  • 刑法総論 犯罪論『未遂犯と不能犯』
  • 1 刑法総論  犯罪論-未遂犯  不能犯  課題)不能犯と未遂犯の区別について述べなさい。  1.意義  不能犯とは、行為者としては犯罪の実行をしたつもりであったが、結果の発生が不能で あるためこれを遂げないもので、法益侵害の危険が全くないことをもって未遂犯と
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(6,024)
  • マクロ経済学レポート「ライフ・サイクル仮説について」
  • 「国民経済システム」レポート  課題)ライフ・サイクル仮説に基づいて、所得Yが変化した場合及び、利子率rが変化 した場合にv(C₁ℯ,C₂ℯ)はどのように変化するか述べよ。  1.所得が変化した場合  *ライフ・サイクル仮説―「2期間モデル」図参照  所得がY
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,741)
  • 会社法 株式譲渡と権利行使
  • 会社法  株式譲渡と権利行使  問題)A株式会社は設立後株券を発行してこなかった。株主Xは意思表示のみで株式を Yに譲渡した。  (1)Yは株主名簿の書き換えを請求したが、A社は株券の提出がないため書き換 えはできないと拒否した。これは妥当か。  (2)A社の
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(840)
  • 会社法 新株予約権付社債
  • 会社法  新株予約権・社債  問題)新株発行に関し、以下の問いに答えよ。  (1)新株予約権と新株引受権の概念の異同について論ぜよ。  (2)分離型の新株予約権付社債と非分離型の新株予約権付社債を行使すると、資 本がどのように変化するか述べよ。  (3)社債と
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,224)
  • マクロ経済 三面等価の原則について
  • 1 「国民経済システム」レポート  『三面等価の原則について』  <はじめに>  <GNPの三面等価>  1.生産国民所得(国民総生産、GNP)  2.分配国民所得(国民総所得、GNI)  3.支出国民所得(国民総支出、GNE)4.まとめ  <おわりに>  2
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(3,376)
  • 有価証券法 手形の裏書譲渡
  • 有価証券法  手形の裏書譲渡  問題)Yを振出人とする約束手形について、受取人たるAは被裏書人欄のみを白地とし てBに裏書譲渡した。さらにBは、同じく被裏書人欄にみを白地としてXに裏書 譲渡した。その後、Xの事務員が裏書の連続を確保する目的で白地部分を補充し
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,921)
  • 会社法Ⅰ 会社倒産-破綻処理手続
  • 会社法Ⅰ  会社倒産-破綻処理手続  問題)(1)会社の倒産とは何か。会社はなぜ倒産するか。自分の考えを述べよ。  (2)A商社の営業マンBは、担当取引先の建設会社C社の経営が危ないという 噂を耳にした。A社はC社に対して売掛金債権1000万円があり、販売し
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(769)
  • 会社法Ⅱ 株券をめぐる権利
  • 会社法Ⅱ  株券をめぐる権利  問題)平成13年以前に成立した株式会社甲の設立に際してAは株式を引き受け株主と なった。甲は株券を作成し、Aに郵送した途中で盗取されてしまった。  (1)当該株券について、株券を取得したBについて善意取得が認められるか。  (2
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,097)
  • 会社法Ⅱ 株主名簿-名義書換
  • 会社法Ⅱ  株主名簿―名義書換  問題)Aは、B所有のX株式会社の株式を取得し、株券も取得したが、名義書換は未だ 行っていなかったので、X会社の株主名簿上ではBが株主となっている。  (1)Aが株券を呈示して、X社に名義の書き換えを請求したが、X社はAが総会
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,703)
  • 会社法Ⅱ 決算と違法配当
  • 会社法Ⅱ  決算と違法配当  問題)株式会社の決算に関し、以下の問いに答えよ。  (1)会社ではなぜ決算手段が必要となるのか。  (2)A会社の代表取締役Bは、取締役会決議を経て、配当する利益もないのに、 会社の評判を維持するために、無理に利益配当を行った。B
  • 550 販売中 2008/01/25
  • 閲覧(1,808)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?