資料:8件

  • 日本の規制緩和論
  • 中条さんは、「規制緩和」の論客として知られている学者である。様々なメディアにも良く出ている。中条さんの中小学校での生徒一人に対して100万円近い支出が行われているという言葉にびっくりして、いつか中条さんの本は読んでみたいと思っていた。 今、小泉内閣や竹中金融財政担..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,830)
  • 日本の経済格差
  • 「日本の経済格差」の中で、筆者は、バブル期に土地・株式が急騰したこと、低成長に入って所得が上昇しないこと、などから「一億総中流」に象徴される社会の平等・安定意識は揺らいでいることを示し、時代の推移のなかで、そして国際比較の上で、格差の拡大を統計データによって詳..
  • 770 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(2,405) コメント(3)
  • 社会経済システムの進化
  • 20世紀前半の国家はケインズ的福祉国家であった。この国家は (1)公共財の提供すなわち道路や上下水道など社会的インフラの整備、(2)国民の生活水準の向上、維持、(3)再分配政策すなわち公共事業による有効需要創出と完全雇用の実現、の3点を政策として実行する国家のことである。..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,220)
  • 競争市場における価格決定メカニズム
  • これから競争市場における価格決定メカニズムについて考察していくが、まず価格の役割について考えたい。価格とは財やサービスの対価であり、希少性の尺度となるものである。財が少なくなると、価格が上昇し、それによってその事実を伝える.また価格上昇にともなって家計は少ない..
  • 770 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(3,528) コメント(4)
  • 市場の変化とその要因について
  • 近年のアメリカ労働市場の変化とその要因についてジル・A・フレイザーの「窒息するオフィス」(岩波書店)を参考にこれから論をすすめていきたい。 まず、私たちが一般に抱いているアメリカの労働環境は、日本の働き蜂的なイメージとは正反対で、週休2日や長期休暇をエンジョイし..
  • 550 販売中 2005/07/22
  • 閲覧(1,112)
  • 中国の経済発展と今後の展望
  • 中国はその長い歴史の中で、1978年以降から今に至るまで、社会主義市場経済という理念の下で、過去に類を見ない目覚しい経済発展を遂げてきている。1978年からの改革開放政策の実施により、中国経済は漸進的な市場化改革を通して大きな経済成長を遂げた。2003年までの..
  • 990 販売中 2005/07/22
  • 閲覧(4,473) コメント(5)
  • 公共投資の有用性
  • 素朴なマクロ経済モデルでは、政府支出増加は確かにGDPを増加させる効果があり、しかも、その効果は減税よりも大きい。単純化されているため政府支出はどのような形でも差はなく、極論すれば、穴を掘って埋めるという将来的に有用ではないことでも構わない。  しかし、当然のこ..
  • 660 販売中 2005/07/11
  • 閲覧(973)
  • デフレによる日本経済
  • いま、日本経済の暗雲として大きく覆い被さっている問題はデフレの深刻化である。概して人口が増加し続け、生産技術が未熟な上に関東大震災などの天災や戦災などによる大量破壊もあった近代日本の発展過程においては、需要が供給を上回り、物価が持続的上昇(相対的に貨幣価値は下..
  • 660 販売中 2005/07/11
  • 閲覧(1,197) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?