資料:5件

  • 民法にみる消費者保護
  • 取引にかかる約款は企業と消費者との間での契約であり、企業と消費者とではやはり一般的には消費者の方が、立場が弱いと考えられるので、不公平が生じないような環境整備を図るべきである。具体例を一つ挙げてみよう 『訪問販売で「元本は絶対に保証する。今後円安が続き年9.1..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,628) コメント(1)
  • 精神病と刑罰
  • 大阪教育大付属池田小児童殺傷事件において、宅間被告は、2001年6月8日午前10時10分ごろ、大阪府池田市の小学校に乱入、8人の児童を殺し、教師2人を含む15人に重軽傷を与えた。事件の特異性もさることながら、社会問題として注目されたのは、被告が過去に傷害容疑で逮捕されながら..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(2,020)
  • 常習累犯と罪刑法定主義
  • 今度の刑法改正準備草案において業務上過失致死傷罪の刑が加重されたり、新設される常習累犯の規定により絶対的不定期刑の制度が登場することになるように、犯罪の増加・累犯化に対して単に刑罰の面においてのみ解決を与えようとし、それらの現象の真の原因に対しては何の改善策を..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,377)
  • 少年刑法の変遷
  • 歴史上「刑事罰による懲戒や威嚇」は、最も一般的な犯罪抑止策として、広く社会に受け入れられてきた。かつては少年に対してもこの方策が取られてきたわけであるが、発達上の問題や劣悪な生育環境を背景とする少年非行の場合、刑罰より、むしろ適切な環境で少年を保護し教育を加え..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,732) コメント(1)
  • 離婚と相続
  • 裁判上の離婚には、調停離婚と審判離婚、判決による離婚がある。一般に裁判上の離婚という場合には、判決による離婚を指す。 離婚を認める根拠としては、一方配偶者に有責な行為があった場合に認められるとする有責主義と、婚姻関係が破綻していれば離婚へ至った当事者の責任の有..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,177)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?