laughmakerさん累積訪問者(62,174名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:34件

  • 平和と文化の講演に対する感想
  • 1959年から74年の間、琉球新報(沖縄の新聞社)社会部記者や日本テレビ沖縄特派員として米軍統治下の沖縄で暮らした経験をお持ちのジャーナリスト、森口豁氏が、彼の作品である『沖縄の十八歳』を素材に、沖縄戦と復帰後の沖縄について話して下さった講義が強く印象に残って
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,294)
  • 地球社会の分析
  • スリランカの民族問題は、1983年に、コロンボを中心に起こった、反タミル暴動で一気に国際的に重要視されるようになった。これは、多数派を占めるシンハラ人によるタミル人の大量虐殺であった。この事件を契機にスリランカの民族紛争は激化の一途をたどることになったのである..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(955)
  • アジア的価値に対する見解
  • 対して、マハティールの演説においては、アジアは、大きな共通基盤の上に成り立っているとされている。もちろん、「アジア」と一般化されている中にも、例外は認められるが、アジア人を区別しているのは、民族性や皮膚の色ではなく、文化の違いであって、アジアには、アメリカのそ..
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,178)
  • 精神分析の意義
  • 今日の精神分析批評はフロイトの学説を基に誕生した。フロイトは、神経症患者は無意識に抑圧された本能的欲求に苦しみ、その捌け口として、精神異常に至るとした。 ここで「無意識」という用語を使ったが、この用語には説明が必要である。「無意識」とはひとつの心的な質である
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,980)
  • 少年法の歴史
  • 今、少年法改正に関して、多々の議論が行われているわけであるが、それについての私の見解を述べ、また、そこで反対派の立場をとることによって生じた、少年院についての意見を述べたいと思う。 福田教官は、少年法改正に対しては、反対の姿勢をとっていた。子供を、大人への、
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(4,179)
  • 親族(家族)の自明性
  • 私達が生活している世界において、家族や親族というものが、どのような意味を持って存在しているのか、また、それは、人間社会の、最も自明で自然な秩序と言えるのであろうかについて考えていきたい。 人間は、何らかの秩序に従っていなければ、不安になる。そのような深層心理
  • 550 販売中 2005/07/31
  • 閲覧(1,236)
  • 多言語主義をめぐる問題と今後の日本
  • 現在は、情報化やグローバル化が急速に進んでいる時代であることは間違いない。メディアの発展と拡大する市場経済は、確実に地球を小さなものとし、インターネットは、その流れを決定的なものにしている。こうしたグローバル化の実現は、たしかに積極的に捉えるべき点も多いのだが..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(2,194)
  • NHK番組制作政治介入から見るマスコミと受け手のあり方
  • <要約>  昨年末から、NHKの一連の不祥事が明るみにでていたが、今回の番組制作者による内部告発によって、NHKが、権力に取り込まれ、政治介入・癒着に対して、感覚が麻痺していることがはっきりした。日本のマスコミの客観報道主義において、事実認識の主体や表現主体
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,200)
  • ヒューマンセクソロジー
  • 最近「セックスレス」が流行っている傾向があるが、男女は基本的にセックスでつながっているべきものであるから、やはりセックスは必要である。夫婦は甘えあう関係にあることが望ましいが、互いに社会の制度の中で「役割」を演じあう日本社会ではそれは難しいのが現状だ。このよう..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(2,496)
  • 中塚明『近代日本の朝鮮認識』研分出版(1993)を読んで
  • の本は、戦後日本の歴史学界において、早くから日本のアジア諸国に対する侵略の責任を問い続けてきた著者が、朝鮮に対する侵略政策の実態と、その背景となる近代日本の朝鮮観を明らかにすることを目的として書かれたものである。8章の構成になっているので、1つ1つ見ていくこと..
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,263)
  • 言語社会学 
  • まず、A群の『はじめての言語学』黒田龍之介著(講談社現代新書)について述べたい。この本は、言語学について、高校生向けに書かれた入門書のようなもので、比較的易しい書き方がされた、読みやすい本であった。最初の方で、言語学のポイントが三つ上げられていて、一つ目に「音
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(1,391)
  • カラス事件について
  • カラス事件は、1761年10月13日、フランスのトゥールーズで起こった冤罪事件である。事件の舞台であるトゥールーズ市は、周辺をカトリックに囲まれた頑固なカトリックの市で、人口約5万人のうち、プロテスタントは200人以下であった。また、プロテスタントに一定の自由
  • 550 販売中 2005/07/30
  • 閲覧(3,525)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?