blueさん累積訪問者(62,319名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:29件

  • 失踪宣告取り消し後の第三者の問題
  • 民法総則 失踪宣告(32条)について  ある事例として、失踪宣告を受けた者の相続人が善意の第三者に財産を譲渡した。そして、本人が現れて、失踪宣告は取り消されたケースについて考える。  この場合は32条の但書の善意の第三者のことであるが、この善意とは誰に対す
  • 550 販売中 2005/11/11
  • 閲覧(1,776)
  • 暴行罪
  • 刑法 各論 論点 →暴行罪(*208条)成立に身体的接触が必要であるか否か?? ・「判例」 判例については、身体的接触が不要と考える説を採る。なぜなら、暴行で死に至ると暴行致傷罪で処罰するが、必要としてしまうと脅迫罪となり脅迫には致傷罪がないので重過失致死罪(
  • 550 販売中 2005/11/09
  • 閲覧(3,100)
  • 民法総則 失踪宣告
  • 民法総則  「*失踪宣告取消の論点」 ・失踪宣告を取り消した場合、悪意の直接取得者(相続人)に財産が相続された場合、悪意(すなわち、失踪宣告が事実に反することを知っていた)の相続人は失踪を取り消された本人に現存の利益を返還すれば、足りるのか??という問題が
  • 550 販売中 2005/11/08
  • 閲覧(1,330)
  • 強制わいせつ罪176条の手段である暴行と脅迫について
  • 刑法  強制わいせつ罪176条の手段である暴行と脅迫について  強制わいせつ罪の手段たる暴行と脅迫は、反抗を著しく困難にする程度であることが必要であるとするの 通説である(団藤先生) 次に具体的な事例をあげて考えてみる事にする。 (問)不意に相手の体
  • 550 販売中 2005/11/06
  • 閲覧(913)
  • 刑法 住居侵入罪
  • 刑法 保護法益について 住居侵入罪の保護法益について考える。 学説では、A:誰を立ち入らせるかを決定する自由である住居権説とB:住居の事実上の平穏説がある。大審院時代の判例で、夫の不在中に妻の承諾で愛人を家に入れた場合、住居権説をとって住居権が戸主である夫
  • 550 販売中 2005/11/06
  • 閲覧(2,316)
  • 民法 債権各論 問題
  • 民法 債権各論の問題 就職活動を控えたA男は、スーツをつくることにした。せっかくなのでオーダーメイドのスーツを作ろうと思い、バイトでためた5万円を持って、紳士服店を経営するBの所を訪れた。Bの店では、客が洋服の布地を選んで、客のサイズに合わせてスーツを仕立て
  • 550 販売中 2005/11/06
  • 閲覧(2,951)
  • 刑法 逮捕監禁罪
  • 刑法 逮捕監禁罪(221条)  逮捕監禁罪は、身体の場所的移動の自由である。Aは、Bを閉じこめようと考え、Bが寝てる部屋に外から施錠したが、思い直し寝ている間に解錠した場合どうするのか??  これについては、二つ学説がある。二つを述べて検討する。
  • 550 販売中 2005/11/06
  • 閲覧(805)
  • 刑法 未成年者拐取罪
  • 刑法 未成年者拐取罪の保護法益について 未成年者拐取罪の保護法益について考える。拐取行為は、現在の状態からの離脱と自己または第三者の実力的支配下に移転することである。つまり、行動の自由の剥奪であり被害者の意思に反してなされた場合に成立する。しかし、未成年者は
  • 550 販売中 2005/11/01
  • 閲覧(1,278)
  • 刑法 問題
  • 刑法  (問) Aは、コンビニエンスストアの店主であったが、ある日少女B子(年齢17歳)が、商品をかばんの中に忍ばせたまま店の外に出て行こうとしているのを発見し、同女をレジの裏にある事務室に連行した。Aは当初警察に通報するつもりであったが、B子をしかってい
  • 550 販売中 2005/11/01
  • 閲覧(680)
  • 脅迫罪
  • 「脅迫罪」 1(.条文の内容)222条生命、身体、自由、名誉又は財産に対し*害を加える旨を告知して*人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万以下の罰金に処する。 2.疑問 *の部分、告知する害悪とはそれ自体違法であることを要するのか?? →例えば、告
  • 550 販売中 2005/10/31
  • 閲覧(1,504)
  • 物権法
  • 物権行為独自肯定説と否定説について 1学説  (1)物権行為独自肯定説とは、売買契約において売買契約とは債権行為にすぎず所有権を移転する物権行為があってはじめて移転するとしていて物権行為の独自性を認めている。物権行為とは、登記の移転・代金の支払い・目的物の
  • 550 販売中 2005/10/31
  • 閲覧(887)
  • 民法 債権法
  • 問? AがBからものを購入し、代金を払ったにも関わらず、Bは引き渡しを拒絶している。Bが引き渡しを拒む理由として、考えられるものをあげ、さらにそれに対する、Aの反論を考えよ。 問? AがBにものを売却し、ものを引き渡したにも関わらず、Bは代金支払いを拒絶して
  • 550 販売中 2005/10/30
  • 閲覧(621)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?