資料:10件

  • 裁判員制度を採用することに憲法上問題はないか。
  • 1.裁判員制度とは 平成16年6月21日に「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」(以下、裁判員法と称する。)が成立し、同年同月28日の公布日より5年以内の施行が予定されているが、この裁判員制度とは、国民の中から選ばれた裁判員が刑事裁判に関わる制度である。 その具体的...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(2,973) コメント(3)
  • 国会議員による国民の名誉毀損と、国会議員の免責特権について
  • 1.問題提起 日本国憲法は、50条で議員の不逮捕特権、そして51条で免責特権について規定している。本問では、国会議員の発言によって名誉を毀損された国民が当該議員の民事上・刑事上の法的責任を追及しうるかが問われており、特に51条の免責特権の意義と限界をどのように理解する...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(3,819)
  • 司法試験過去問(昭和63年)
  • 「国会は、必要があると認めるときは、議決により法律案を国民投票に付することができる。その場合、投票の過半数の賛成があるときは、右法律案は法律として成立する」という趣旨の法律が制定されたと仮定する。この法律に含まれている憲法上の問題について論じなさい。 1. 本問...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(2,432)
  • 上尾市福祉会館事件判決の概要及び泉佐野市民会館事件判決との相違について
  • 【上尾市福祉会館事件判決の概要及び泉佐野市民会館事件判決との相違について】 1.事実の概要 本件は、JR関係の労働者で組織する労働組合の連合体である上告人が、何者かによって殺害されたその総務部長を追悼する合同葬のため、被上告人上尾市の設置する公の施設である上尾市の...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(18,971)
  • 愛媛玉串料違憲判決について
  • 【愛媛玉串料違憲判決について】 1.事実の概要 愛媛県は、昭和56年から昭和61年にかけて、宗教法人靖国神社の行う宗教上の祭祀である例大祭、みたま祭に際しそれぞれ玉串料(9回)、献灯料(4回)の名目で計76,000円の公金を、そして宗教法人護国神社の行う慰霊大祭に際し供物料...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(3,418)
  • 非嫡出子相続分差別事件決定について
  • 【非嫡出子相続分差別事件決定について】 1.事実の概要及び第一審、原審の判示概要 被相続人の女性は、兄弟である長男早逝により一人娘となり、後継者としての婿養子選びのため試婚を繰り返させられ、二人目の試婚相手とは婚姻に至らず非嫡出子をもうけた。 当該非嫡出子を代...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(5,948)
  • 京都府学連事件最高裁判決について
  • 3. 最高裁判決の概要 最高裁は、上告を棄却し、訴訟費用は被告人の負担とした。その理由を以下に検討する。 (一) まず、昭和29年京都市公安条例第10号集会、集団行進及び集団示威運動に関する条例が、憲法21条に違反するという主張については、ほぼ同じ内容を持つ東京都公安条例...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(3,524)
  • 八幡製鉄政治献金事件判決と南九州税理士会事件判決を読み比べて
  • 1 八幡製鉄政治献金事件(以下、八幡製鉄事件)と南九州税理士会事件において、まず共通して争点となっているのが、「法人の目的の範囲内の行為」がどこまで許されるか、ということであり、特に政治資金規正法上の政治団体への寄付行為が含まれるかが争われた。 これらのうち、ま...
  • 550 販売中 2005/10/17
  • 閲覧(8,546)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?