museomiitan9さん累積訪問者(17,803名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:8件

  • 「グローバリゼーションと福祉国家」
  • <序論>  「福祉国家」の発展は「国民国家」の発展に密接にリンクするものといわれている。しかしグローバリゼーションの進む現在、国民国家の象徴である独占的な政治および経済的権限が「危機」にさらされており、それによって「福祉国家」も同時に再編を迫られたのは周
  • 550 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(2,000)
  • 博物館学レポート(大阪市立東洋陶磁美術館)
  • ? 博物館の基本データ 大阪市立東洋陶磁美術館は、住友グループ21社から、965件、約1000点にのぼる優れた東洋陶磁を集めた安宅コレクションの寄贈を受けたことを記念して、それを収蔵し、ひろく一般に公開するため、1982年に大阪市によって設立された。 設立
  • 550 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(2,311)
  • 博物館学レポート(兵庫県立美術館)
  • ? 博物館の基本データ 兵庫県立美術館は、もともと神戸市王子公園にあった兵庫県立近代美術館のコレクションを受け継ぐ形で平成14年4月に開館。入館料については、常設展は大学生400円、特別展とのセット割引では240円となる。ちなみに兵庫県内に在住・在学の中学生
  • 550 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(2,320)
  • 博物館学レポート(国立国際美術館)
  • ? 博物館の基本データ   国立国際美術館は、国内外の現代美術を収集・展示する、独立行政法人国立美術館が管轄する美術館。1970年(昭和45年)に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会において、世界各国の美術品を展覧するために建設された「万国博美術館」の
  • 550 販売中 2006/11/06
  • 閲覧(3,097)
  • 「現代の東アジアにおける日米安保体制成立の意味」
  • 1.はじめに 現在の東アジアにおいて、日本と中華人民共和国(以下中国)・大韓民国(以下韓国)の間での靖国神社・歴史教科書の問題、日本と中国・韓国の間での領土問題、日本と朝鮮民主主義人民共和国(以下北朝鮮)との間での「拉致」問題など、多くの政治的な外交問題が噴
  • 550 販売中 2006/09/20
  • 閲覧(1,557)
  • 「日本における学歴社会の変貌」
  • 1.「学歴社会」は崩壊したのか 現在、至るところで日本の「学歴社会」が崩壊したと言われている。「高学歴」をもちながら企業のリストラに遭うのはもはや珍しくなくなり、また学歴の有無・高低を問わないビジネスが数多く登場してきている。では、このような社会の変革の根底
  • 550 販売中 2006/07/20
  • 閲覧(3,273)
  • 指定管理者制度と市民社会について
  • 国立博物館・美術館が独立行政法人に移行して5年を経ようとしているが、今日、国立博物館・美術館の「市場化テスト」導入を巡り、再び博物館を巡る議論が盛んに行われている。一方で、地方の公立博物館・美術館では、「市場化テスト」に先駆けて「指定管理者制度」の導入が認め
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,660)
  • 講義内容をもとにした、近代社会における新たな問題
  • 1.認識の合理化  マックス・ウェーバーは、なにゆえヨーロッパにおいて近代合理主義が生まれ、そして近代社会において人間の意識性・合理性はどのように拡大したのか、またそれと同時に何が問題となったのかを明らかにしようとした。ここではまず、認識の合理化という点につ
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,530)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?