Mさん累積訪問者(21,984名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:6件

  • 国際機構論・国連改革について
  • 国連と市民社会・NGOとの協力、国連事務局による人材・組織・財源の適正な運営と管理と人材育成、財政面では、厳しい経済・財政事情の中で、国連を含む国際機関への財政負担に批判的な目が向けられているが、政府は国際機関への拠出を一元的に管理しておらず、立法府がその全体..
  • 550 販売中 2009/05/28
  • 閲覧(1,700)
  • 西洋近代思想の特徴
  • ●中世から近代へ  ヨーロッパでは、ルネッサンスと宗教改革という、一方で相反し一方で共通点を持つ二つの運動によって近代が準備される。文字通り「再生、復活」を意味するルネサンス。ピコ=デラ=ミランドラの「人間に自由な意思があることこそ、人間の尊厳の根拠である」
  • 550 販売中 2006/02/20
  • 閲覧(8,512)
  • 企業行動論
  • 1・企業のステークホルダーとは何か?  企業は、出資者たる「株主」だけのものではなく、また、商品・サービスを購入・利用している「顧客」や、その企業に属する「従業員」だけのものでもない。  企業は、これらステークホルダー(関与者)全員のものであると考えられる
  • 550 販売中 2006/02/01
  • 閲覧(1,971)
  • 都市経済論
  • 環境問題と一口に言っても、様々な切り口がある。私は、その中でも、“前向きな消費活動をするためにはどうすればよいか”をテーマに、身近な環境問題を考えようと思う。  「都市環境論」(花木啓祐著)にあるように、エンドオブパイプの技術の限界が見えてきているという事
  • 550 販売中 2006/02/01
  • 閲覧(1,466)
  • J・M・ケインズの経済思想
  • 1. はじめに  ケインズが行った仕事は、絶対王政を打倒したフランス革命のようなものというよりは、諸派入り乱れるなかでの16世紀宗教改革後のヨーロッパに台頭した反宗教改革のようなものだったといえると思う。ケインズの政策というと、現代の日本では、公共事業による
  • 550 販売中 2006/02/01
  • 閲覧(3,893)
  • 現在の日本ODAに関する考察
  • 日本の国内では、厳しい経済・財政状況を反映して、2002年度ODA予算は対前年度比10.3%減、2003年度は対前年比4.3%減となっている。最新の予算案でも前年比3.8%減の見通しで、16年ぶりにODA予算が8000億円を割り込むことはほぼ確定となった。1
  • 550 販売中 2006/02/01
  • 閲覧(2,229)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?