資料:9件

  • 上座部仏教が残った理由について
  • 大乗仏教の登場は、その名の示すとおりである。全ての人を救う目的に作られている。もともと上座部仏教は修行至上主義であり、修行をした者が菩薩になれるとされている。しかしその修行自体が当時のエリート層の存在であり、つまり一般人に触れられる者ではなかったと言う事だ。そ...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(2,399)
  • ユダヤ人について
  • 古代にはエルサレム周辺に定住し、その意味ではユダヤ人という人種、民族と見ることができる。中世に入り、キリスト教が広まる土地で生活することとなる。その最中、ヘブライ語の聖書を用いて、ローマ教会よりゲットーと呼ばれる部屋に住まわされるという迫害を受けながら、まとま...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(2,033)
  • 哲学入門レポート
  • 理系学部の学生という性質上、どうしても科学について書かねばならないと思ったので記す。 「科学」の意味は違えとも、結局のところ、理系である私が目指さねばならない「科学」も哲学上の「科学」の中に含まれるであろう。文系でも「科学」を扱うことには変わりはないだろうが、...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(5,066) コメント(1)
  • タイ仏教の社会のあり方について
  • タイには僧侶が暮らしていける制度も十分に整っている。僧侶にならないものにとっての徳を高めるに当たる行為が、喜捨とされる。これは僧侶になることができない女性において僧侶に食を与えるなどがある。しかし、元々『僧侶は人の残したものを食べ、人の捨てた布を纏い……』と言...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(1,682)
  • キリスト教の種類について
  • 一方、東方正教会の教会には鐘がない、というのはイスラム帝国の配下に有った時に、鐘を鳴らすことができなかったためである。その代用として気を取れトレモロ調にリズミカルに叩いて低い音を出すことで済ませている。他、他のキリスト教では人とか身には大いなる差があると考えら...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(2,193)
  • カースト制度の現状について
  • まずカースト自体の分け方に変化が見られる。従来の『ヴァルナ』と呼ばれる、バラモン、クシャトリアなどと別けるよりも、その中でさらに職業毎に意識される『ジャーティー』により別けられる。別けられると言うよりも、その分別を本人達が意識している。『ヴァルナ』の意味すると...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(2,643)
  • カースト制度について
  • 仏教やキリスト教など、宗教において身分とは本来撤回されるべきものとして登場する。しかしかのヒンドゥー教においては、五千年にも及ぶ根強い身分制度、カースト制が現在にも存在している。インドにおいては、それを政府として認めている始末である。 カースト(Caste)と言う言葉...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(4,698) コメント(2)
  • イスラム教について基礎知識
  • イスラム教について、私に信仰心がないからかも知れないが、どうしても神に祈りを捧げる姿というものは滑稽に映って仕方がない。ならば、せめてもどのような信条を持って信仰しているのかを、完全に判るとまでは行かずとも、ある程度捉えてみることにした。 イスラムにおいては、...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(2,040)
  • ブッダ成立の背景と思想について
  • 当時のインドは至って思想の自由と発表の自由があった。反ヴェーダ、反バラモンの気運が高まった上に、その思想から逃れようとして、新たな思想が発生しやすく、それが受け入れられやすい時代であった。ブッダの登場、受諾はいわば必然とも言える。思想対立が高まる中で、インドで...
  • 550 販売中 2006/02/12
  • 閲覧(2,351) コメント(1)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?