e09012004さんの資料 / タグ / レポート

資料:29件

  • 元素に関する諸学説について
  • 1、古代の元素説について  原始・古代時代をとおして発見された金・銀・銅・鉄・スズ・鉛・水銀は古代の七金属と呼ばれている。このほかに非金属である、硫黄と炭素が発見されている。しかし、古代において水銀は金属と認められておらず、金と銀の合金で貨幣として使用されたエレ..
  • 550 販売中 2006/05/02
  • 閲覧(1,212)
  • 民主主義について
  • 古典的議会主義の時代には、同じ民主主義の名が冠せられていても、政治参加の機会は一部の有産者に独占されていた。この時代の議員とは、全国民の名によって政治を行う国民代表と考えられており、これらの議員には、自分の利害にとらわれず、高い見識を持っている「財産と教養」の..
  • 550 販売中 2006/05/02
  • 閲覧(887) コメント(1)
  • 基本的人権について
  • 日本国憲法が保障する基本的人権について  日本では「人権」というものが非宗教的に、人間として必要欠くべからざる権利というように理解されている。しかし宗教的な脈絡では、ここでの人は、動物とは一線を画する存在であるが、同時に土から作られた地上の存在であることが意味さ..
  • 550 販売中 2006/05/02
  • 閲覧(1,988)
  • 投資計算について
  • 投資予算は、各事業部の予算を積み上げたものであり、金額が多大なものは役員会で決定され、年度当初にプロジェクト予算として計上されるが、金額が過小なものは、事業部予算としてまとめて計上されるものである。  投資計算における基本的概念としては、利益率、資本コスト、回収..
  • 550 販売中 2006/05/02
  • 閲覧(2,293)
  • 利益計画と予算管理について
  • 企業の経営計画は、期間を計画対象とする期間計画と特定の問題を対象とする個別計画に区分される。また、計画対象の性質によっても区分することができ、企業の基本的経営構造を決定する構造計画と短期的な目標達成のための日常業務を対象とした業務計画とに分けられ、さらに計画対..
  • 550 販売中 2006/05/02
  • 閲覧(2,132)
  • インフォーマル組織について
  • 企業の経済的・技術的目的等を達成するために、意識的に形成された組織をフォーマル組織というのに対し、インフォーマル組織とは、職場内で個人的な接触などによって自然発生的に形成される小集団のことをいう。個人的な接触とは、例えば、同期入社の集団や同じ出身地の集団、同じ..
  • 550 販売中 2006/04/14
  • 閲覧(5,129)
  • 管理活動について
  • 20世紀初頭は、機械が積極的に導入され、生産性が飛躍的に上昇した時代であった。生産性が上昇することで、一人の労働者が達成する出来高も必然的に上昇し、労働者の賃金水準が高くなっていったため、雇用者側は賃金水準がある程度高くなると、労務費を削減するために出来高単価..
  • 550 販売中 2006/04/14
  • 閲覧(1,112) コメント(2)
  • 日本企業における終身雇用慣行について
  • 1 「終身雇用」という言葉によって表現される状態について  日本企業において、終身雇用とは「日本的経営」と呼ばれる日本の伝統的な企業経営スタイルの中に存在するものであった。この日本的経営の慣行体系は、終身雇用のほかに年功序列や定型訓練、人の和の尊重などからなる人..
  • 550 販売中 2006/02/27
  • 閲覧(2,549)
  • 重商主義・自由主義・帝国主義の概要及び今日的意義について
  • 1 重商主義について  重商主義とは、16世紀から17世紀頃の西ヨーロッパ諸国で統一的民族国家が成立したときに、国家の建設と国民経済の確立のため等しく行った経済政策体系の総称と考えられている。重商主義政策は、商業資本を中心としていた資本主義を、国富の増進と国民経..
  • 550 販売中 2006/02/27
  • 閲覧(3,315) コメント(4)
  • 日本企業における賃金体系について
  • 1 年功的な賃金体系について  日本企業において年功的な賃金体系とは、年齢・勤続年数とともに業績が加味されて賃金が決定されることをいう。年功的賃金は、横軸に年齢又は勤続年数を示し、縦軸に賃金額又は賃金指数を示すことで、賃金カーブという曲線を用いて表現することがで..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,105) コメント(2)
  • 製造業の産業空洞化について
  • 製造業の空洞化が問題になるのは、競争力の低下や海外への生産移転によって国内生産が縮小し、雇用や所得が失われてしまうからである。輸入が増え輸出が減少しても、国内需要がそれ以上に拡大していれば、国内生産は増加し、雇用も所得も増大していく。  空洞化は国内需要成長の低..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,122) コメント(3)
  • 北村透谷と夏目漱石の共通点及び相違点について
  • 1 透谷と漱石の思想や生き方などの共通点及び相違点について述べる。  透谷と漱石は、明治日本の近代化の矛盾と誠実に取り組む中で、多くの形見を残した文学者であり、その二人にはある共通点と相違点があった。まず共通点の一つとして、二人の家庭環境があげられる。二人はとも..
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(1,873)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?