e09012004さん累積訪問者(78,654名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:29件

  • 日本企業における終身雇用慣行について
  • 1 「終身雇用」という言葉によって表現される状態について  日本企業において、終身雇用とは「日本的経営」と呼ばれる日本の伝統的な企業経営スタイルの中に存在するものであった。この日本的経営の慣行体系は、終身雇用のほかに年功序列や定型訓練、人の和の尊重などからな
  • 550 販売中 2006/02/27
  • 閲覧(2,706)
  • 重商主義・自由主義・帝国主義の概要及び今日的意義について
  • 1 重商主義について  重商主義とは、16世紀から17世紀頃の西ヨーロッパ諸国で統一的民族国家が成立したときに、国家の建設と国民経済の確立のため等しく行った経済政策体系の総称と考えられている。重商主義政策は、商業資本を中心としていた資本主義を、国富の増進と国
  • 550 販売中 2006/02/27
  • 閲覧(3,667)
  • 日本企業における賃金体系について
  • 1 年功的な賃金体系について  日本企業において年功的な賃金体系とは、年齢・勤続年数とともに業績が加味されて賃金が決定されることをいう。年功的賃金は、横軸に年齢又は勤続年数を示し、縦軸に賃金額又は賃金指数を示すことで、賃金カーブという曲線を用いて表現すること
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,236)
  • 製造業の産業空洞化について
  • 製造業の空洞化が問題になるのは、競争力の低下や海外への生産移転によって国内生産が縮小し、雇用や所得が失われてしまうからである。輸入が増え輸出が減少しても、国内需要がそれ以上に拡大していれば、国内生産は増加し、雇用も所得も増大していく。  空洞化は国内需要成
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,389)
  • 北村透谷と夏目漱石の共通点及び相違点について
  • 1 透谷と漱石の思想や生き方などの共通点及び相違点について述べる。  透谷と漱石は、明治日本の近代化の矛盾と誠実に取り組む中で、多くの形見を残した文学者であり、その二人にはある共通点と相違点があった。まず共通点の一つとして、二人の家庭環境があげられる。二人は
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,193)
  • 形而上学の現代的意義について
  • 現代は、否定的なものが輝いている時代といえる。真実は、虚偽を暴露しなければ生成しなくなり、善は悪と闘争しなければ実現されることはない。これは、肯定的なものは、否定的なものなくしては生成しないと言い換えることができる。すなわち、形而上学においては、否定的なもの
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,197)
  • 光の波動性と粒子性について
  • 1 光の波動性について  我々人間の目に見える可視光の波長は、400から800nm(ナノメートル)であるが、波動であることには違いない。この光が物体の側を通ると、光の影を作ることなり、光がまっすぐに進む性質であることを発見できる。  光は波動であるため、原
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(2,714)
  • トンネル効果及び不確定性原理について
  • 1687年に、ニュートンは物の運動を未来永却まで予言する、この世界の根本原理であるニュートン力学を完成させた。それはまず、夜空で不可解な動きをする惑星の運動に適用され、完璧な成功を収めた。さらに地上での大砲の弾道や物体の衝突、さらには空気の分子の熱運動にまで
  • 550 販売中 2006/02/15
  • 閲覧(1,472)
  • マルクスの価値形態論と貨幣の諸機能について
  • 商品の価値というのは、その商品の孤立した存在では認識できないものであり、あるものの使用価値である物理的な属性しか表現されないため、その価値と価値の大きさはそこでは確かめようがない。商品がその価値と価値の大きさを表現できるのは、他のある商品との交換関係時におい
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(6,744)
  • 19世紀末の「限界革命」から20世紀までの諸経済理論について
  • 1870年代に起こった限界革命は、限界効用理論に基づく価値理論がジェヴォンズ、メンガー、ワルラスによりそれぞれ独自に、しかもほぼ同時期に展開され、近代経済学の基礎が築かれた。古典派経済学では、主に価値の源泉を労働に求める考え方に基づいて展開されていたが、ジェ
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(3,174)
  • 経済学の発生から古典派経済学の解体に至るまでについて
  • 17世紀の前半のイギリスでは、金銀が外国に流出したため通貨が不足し、それが国内不況の原因であると考えられていた。金銀流出の原因として為替レートの過小と東インド会社を問題にしたマリーンズに対し、マンは外国為替が貿易差額を決定するのではなく、財に対する国際市場で
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(1,808)
  • 部門別原価計算の意義、目的及び方法について
  • 1 部門別原価計算の意義  部門別原価計算は、製品原価を計算する上で、原価の正確な配賦計算を行うとともに、原価管理の観点から行われるものである。部門別原価計算にはいくつかの方法があるが、今日においては、製品原価計算の迅速化、製造間接費配賦の公平化・平均化及び
  • 550 販売中 2006/02/14
  • 閲覧(5,216)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?