ahitmanさんの資料 / タグ / レポート

資料:16件

  • ソフトウェアの危機について
  • 1 「ソフトウェアの危機」の定義 1940年頃にプログラム内臓方式の最初のコンピュータ開発から今日に至る約60年間、ハードウェアの技術の進歩はムーアの法則等に沿い目覚しいものであるが、ソフトウェア生産技術は情報化社会の要求に対する満足するレベルに至っていないことである..
  • 550 販売中 2006/04/29
  • 閲覧(2,420) コメント(2)
  • e-マーケットプレイス(電子市場)について
  • 1.e−マーケットプレイス(電子市場)について e−マーケットプレイスとは、インターネットを用いたWebサイトを通じて「売り手」と「買い手」を結び付けるネットショッピングモールのような、多数企業によるN:Nの企業間取引所である。 e−マーケットプレイスは、主催者の認証を満..
  • 550 販売中 2006/04/29
  • 閲覧(1,395)
  • システム設計におけるUMLのモデルと関係について
  • 1.UMLのモデルと関係 モデル要素には、クラス、オブジェクト、状態、ノード、パッケージ、注釈、コンポーネント、インタフェース、ユースケースがあり、下記の関係にて接続する。  2.7種類のダイアグラム (1)クラス図 モデル要素の「クラス」を使用し、システムの静的な状態と..
  • 550 販売中 2006/04/29
  • 閲覧(1,401)
  • ブランドマネジメント
  • 1. 顧客ニーズの発見とプロダクト創造 現存する企業、楽天株式会社の顧客ニーズの発見とプロダクト創造について、論述する。  1.1. 顧客ニーズの発見 日常生活において、私たち消費者は「物」を購入するときに、店舗へ出向き欲する商品がある場合に購入する。専門的な商品とも..
  • 550 販売中 2006/04/29
  • 閲覧(1,143) コメント(1)
  •    組織のコンティンジェンシー理論について
  • 1. 概要 従来の組織理論は、あらゆる状況に適用できる組織化の普遍的な最善策を求めてきたが、P.R.ローレンスとJ.W.ローシュは、組織と環境との相互作用において、職能部門間の分化と統合の状態を調査研究した。 その結果、最適な組織形態は環境によって条件づけられて決まると..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(2,772)
  •   人間関係論について
  • 1924年〜1932年にかけて、アメリカ電話電信会社翼下のウェスタン・エレクトリック社のシカゴ郊外にあるホーソン工場で、G.E.メイヨーやF.J.レスリスバーガーらが加わり、従業員の作業能率に影響を与える要因の解明についての調査が行なわれた。結果、その要因は人間関係に依存する..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(2,669)
  • 損益計算書における利益の種類とその特質について
  • 1.損益計算書における利益の種類とその特質について 損益計算書において、下記の6つの利益の種類に分類される。 (1)売上総利益 会計期間に属した売上高から売上原価を控除した利益が、売上総利益である。これは、粗利益のことである。 利益でなく損失となった場合は、売上総損..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(2,530)
  •   百貨店と総合スーパーの違いについて
  • 1.百貨店と総合スーパー それぞれの特徴を下記に論述する。 1.1.起源 1.1.1.百貨店 1852年にパリで開店された「ボン・マルシェ」が最初の近代的百貨店である。日本においては、1904年に「株式会社三越呉服店」として出現し、欧米の百貨店を見習い、近代化が行われた。 三越は..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(10,238) コメント(4)
  •   POSシステムとEOSシステムについて
  • 1. POSシステムとEOSシステム それぞれの特徴を下記に論述する。 1.1. POS (Point Of Sales)システム POSシステム、すなわち販売時点情報管理システムは、1982年、セブン・イレブン・ジャパンによって初めて導入された。 あらかじめ商品に付けられたバーコードを読取ること..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(3,757) コメント(3)
  •   組織のコンティンジェンシー理論について
  • 1.概要 従来の組織理論は、あらゆる状況に適用できる組織化の普遍的な最善策を求めてきたが、P.R.ローレンスとJ.W.ローシュは、組織と環境との相互作用において、職能部門間の分化と統合の状態を調査研究した。 その結果、最適な組織形態は環境によって条件づけられて決まると..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(2,224)
  •   需要の同期化戦略について
  • 1.概要 同期化戦略は、伝統的な投機型戦略と逆の志向をもつ戦略である。 投機型戦略は、大規模集中の見込み生産であり、完成品の販売が成功しなければならないため、流通系列化を要請し、絶えざる製品改革という製品政策も要請する。 同期化戦略は、販売時点情報を、できる限り..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(5,106)
  • マイルズ=スノーの環境適応類型について
  • 1.概要 現実の企業が環境への適応を図る方法は多様であるが、この環境適応の類型を主張する論者の1人、マイルズ=スノーの適応方法について論述する。 2.環境適応類型 問題解決に直面する企業は、一定の意思決定のサイクルを反復することにより問題に対処しようとする。このサ..
  • 550 販売中 2006/04/17
  • 閲覧(9,032)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?