資料:12件

  • アテナイの訴追制度
  • アテナイの訴追制度は大きく分けて「民衆訴追」と「オストラキスモス」の2種類に分類される。 民衆訴追はアテナイの民主制象徴のひとつとされる制度である。この制度のもとではアテナイ市民たるものは、何人でも、他人に対して加えられた行為であっても、実際の被害者同様に加害者..
  • 660 販売中 2006/11/29
  • 閲覧(1,535)
  • アテナイの民衆裁判制度(西洋法制史)
  • アテナイの民衆裁判所制度について、その成立の起源、構成、陪審官、審理・判決の順で説明する。  民衆裁判所は、BC594年にアルコンに選出されたソロンの改革の手段として創設された制度と言われている。ソロンの改革の中には「公私一切の債務の解除」という日本で例えるならば徳..
  • 990 販売中 2006/11/26
  • 閲覧(2,475) コメント(1)
  • 名板貸しとテナント(商法総則)
  • 本件においては、Y経営の百貨店と、Z経営の銭湯「多摩の湯」が締結したテナント契約を名板貸しと看做し、商法23条を類推適用できるか否かが問題となる。  まず、商法23条は、自己の氏名(商号)などを他人(名板借人)が使用して営業をすることを許諾した者(名板貸人)は、外観..
  • 1,100 販売中 2006/11/26
  • 閲覧(3,681) コメント(1)
  • 寄託物の保管(商法、商行為)
  • 商人が営業の範囲内で預かった品物(寄託物)の管理について商法593条の規定によれば報酬の有無に関わらず、善良な管理者の注意を持って保管する義務がある。民法659条で無償寄託は自己の財産におけるのと同様の注意義務で足りると定めているが、商取引の安全性の面から、商人がそ..
  • 1,210 販売中 2006/11/26
  • 閲覧(3,427)
  • 国家賠償
  • 国家権力である行政が活動をする際に、時として国民の財産・権利の侵害、不適正な処分が行われることがある。各種の侵害から国民を守るための手段が行政救済法である。行政救済法は、国家補償と行政争訟とに大別される。  国家補償とは、国民が国家に対して、金銭による填補や賠償..
  • 1,100 販売中 2006/11/25
  • 閲覧(1,237)
  • 裁量行為と覊束行為
  • 法の支配を採用した日本においては、行政活動について、行政機構がどのような場合に、どのように行動できるかを予め個別具体的に詳細に法律で定めることが必要である。しかし、起こりうるありとあらゆる事態を想定した立法を現実的に無理がある。もし、全ての行動について、法律に..
  • 1,100 販売中 2006/11/25
  • 閲覧(3,017)
  • 弁護権の保障
  • 刑事訴訟法は、審判対象の設定や変更、証拠の申し出などを当事者に委ねる、当事者主義訴訟構造を採用している。建前として、被告人と検察官は対等な立場に立つことになるが、実際には両者には歴然とした差がある。検察官は「公の代表」として、背後には強大な国家権力が控えている..
  • 990 販売中 2006/11/25
  • 閲覧(1,183)
  • 手形の裏書の効力
  • 本件では、裏書人Bと被裏書人Cとの債権債務の関係において、Bが原因債務を支払ったにもかかわらず、Cが手形を返還しなかった。この場合に、満期時におけるCの振出人Aに対する手形金支払呈示を容認するか否かが問題となる。 まず、支払呈示を容認する考え方が従来の通説であ..
  • 1,320 販売中 2006/08/10
  • 閲覧(1,882)
  • 手形の瑕疵による抗弁
  • 本件では、AのBに対する約束手形振り出しに際して瑕疵が存在したため、BはAから人的抗弁を受ける立場にあったが、瑕疵について善意のCに対して手形を裏書譲渡した。更にCからBに裏書譲渡、いわゆる戻し裏書をしている。問題となるのは戻裏書により手形を取得したBの地位で..
  • 1,320 販売中 2006/08/10
  • 閲覧(1,565)
  • 多数当事者訴訟
  • 多数当事者訴訟とは、訴訟行為に複数の当事者が参加するこという。複雑化した社会生活・経済活動の中では、個人対個人では解決できず、複数の者が関わる問題、複数の者に影響を与える問題が生じており、訴訟において当事者が複数となることは珍しくない。多数当事者訴訟の形態は、..
  • 1,100 販売中 2006/08/10
  • 閲覧(2,148) コメント(1)
  • 判決の既判力について
  • 判決の既判力とは、確定判決の判断内容が後訴での通用力ないし拘束力を有することを言う。既判力は、後訴において前訴での確定判決で判断された権利・法律関係が争点となった場合に効力を有する。 既判力の根拠としては?法的安定要求、?手続保障要求が挙げられる。法的安定要求と..
  • 1,650 販売中 2006/08/10
  • 閲覧(2,180) コメント(3)
  • 放火
  • 本件については、刑法第2節9章の放火及び失火の罪からその罪責を考え、判例・学説などを比較しながら自説(支持する学説)を明らかにする。反対説について、各項目の検証において、批判を加える。  放火及び失火は公共危険罪に該当し第1次保護法益は公共の安全であり、他人の財産..
  • 880 販売中 2006/07/10
  • 閲覧(1,377)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?