資料:1,422件

  • 妊娠の生理的変化
  • 妊娠の生理的変化 妊娠週数 4~7週 8~12週 12~15週 16~19週 母体の身体的変化 ・月経がない・神経質になる ・乳房が張る ・めまい・鼻出血・心悸亢進 ・体温2~3分上昇(高温相持続) ・つわりがおこる・へガール徴候 ・乳房増大・ピスカチェック徴候 ・尿意頻数・帯下増量・眠...
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(8,724)
  • 尿路感染の観察と援助
  • 尿路感染 上行性感染 陰部・・起炎菌としては会陰部に存在する腸内常在杆菌 便・・・腸内細菌 女性の尿道は約4cmと短いので,外尿道口から侵入した細菌は膀胱という絶好の温床で増殖します。 そして,膀胱内に細菌感染が起こると,尿管を経由して腎臓へと感染が容易に上行する危険...
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(3,266)
  • 廃用性症候群による障害
  • 廃用性症候群による障害 筋・骨格系にあたえる影響 筋萎縮・筋力低下 臥床安静後3~7日ころから、筋の構成成分であるたんぱく質が減少しはじめ、筋力低下・筋萎縮を引き起こす。 筋力低下は歩行に必要な殿部・大腿・下腿の筋にいちじるしく、歩行を不安定にし、 また床からの立ち上...
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(10,558)
  • 皮膚統合性リスク状態について
  • 皮膚統合性リスク状態 褥瘡ケア 前頭葉の運動野が障害されている為、左片麻痺が生じており、上肢や下肢に関節の拘縮が見られることから、○さんのADLは低下し全介助の状態です。 入院前の家族の介護力の低下、痛みの訴えがないこと、自らの体動がないこと、から褥瘡が生じている...
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(8,982)
  • 肥満患者の看護計画
  • 肥満患者の標準看護計画 1 問題点 具体策 備考 #1肥満による呼吸状態、循環状態変調の可能性 #2同一体位による局所への体圧負荷が大きく、皮膚異常・神経障害のリスクがある #3肥満により体位移動・固定困難 術前訪問時の情報収集 ・身長、体重(肥満度は体重...
  • 550 販売中 2009/04/27
  • 閲覧(18,262)
  • 皮内注射
  • 皮内注射 目的 抗原抗体反応を調べたり、吸収を遅くして、薬効を長く持続したい場合 必要物品 薬品・注射器(1ml)・皮内注射針(26Gまたは27G)・エタノール綿 方法 患者の名前と薬品の種類・量を確認する。 必要物品をそろえ、薬品が医師の指示通りであるか、もう...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,969)
  • 抜管訓練(気管カニューレ抜去に向けての訓練)
  • 抜管訓練(気管カニューレ抜去に向けての訓練) 目的 呼吸機能の維持、上気道の退化予防し、本来の呼吸状態を獲得し自力呼吸する 対象 咽頭反射が十分で、気道内分泌が少なく、意識レベルがⅠ~Ⅱで全身状態が安定している患者に対して行う 禁忌 気道内分泌が多く、肺炎・無気...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(12,946)
  • 肺結核患者の看護 看護計画
  • 肺結核疾患患者の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 ・患者、周囲の人々は感染防止行動がとれる ・周囲の人々が二次的感染を起こさない ・坑結核薬の副作用が軽減する 看 護 の ポ イ ン ト ・感染防止行動がとれるよううに、疾患、 治療に対する正しい知識を提供し支援する O...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(9,900)
  • 肺炎患児の看護 看護計画
  • 肺炎患児の看護 < 看 護 > 看 護 目 標 体温が平熱となり、正常な呼吸ができる。 肺炎の再発を起こさない 母親をはじめ、家族の協力のもとに不安を軽減する。 看護のポイント 急性期には主に発熱と呼吸器症状が急激に出現し、さまざまな全身症状が現れる。正確な診断と早期治療...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(11,242)
  • 看護計画 脳梗塞患者の看護2
  • 脳梗塞患者の看護 <看護> 看 護 目 標 ・異常の早期発見、対処ができ脳ヘルニアを予防できる。 ・感染、合併症を予防できる。 ・退院への準備ができる。 看 護 の ポ イ ン ト ・脳ヘルニアの予防ができる。 ・2次合併症の予防 ・可動域の保持 ・再発防止(日常生活指導) ・精...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(25,618)
  • 皮膚生検、筋生検、リンパ節生検
  • 皮膚生検、筋生検、リンパ節生検 目的 病理組織学的所見を得、次のことを目的にする。 診断の確定 病変の境界部の変化、病変の広がりを把握し、腫瘍の進展度を確定する。 対象患者 皮膚疾患患者で、組織を採取し検査することにより、診断や腫瘍の進展度を確定する必要のある患...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(3,408)
  • 皮膚科における外用療法(単純塗擦法)
  • 皮膚科における外用療法(単純塗擦法) 目的 外界からの刺激の遮断 外用薬の皮膚への浸透 炎症、痒みの抑制 水分の蒸発の促進または抑制 滲出液、痂皮の除去 糜爛、潰瘍面の上皮化の促進 増殖角層の除去 皮脂の促進 対象 以下の疾患の患者 皮膚炎群(アトピー性皮膚炎、...
  • 550 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(2,657)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?