資料:14件

  • 大衆小説論
  • 大衆小説論 題目1 「怪物」や「怪獣」という言葉を聞いて、私は朝鮮民主主義人民共和国のことを思い浮かべた。講義でも触れたように、怪物の定義は「それがなんだかわからない(したがって、対処のしようがない)が、たしかにそこにいて、深刻な影響を及ぼしているもの。」である。...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,144)
  • ポールオースター アメリカ文学
  • ポール・オースター「孤独の発明」 この詩は内容だけでなく、形式も一般のものとは差異を感じる。第一章は「見えない人間の肖像」と題して(フィクションなのか自伝なのかは定かではないが)存在感の希薄な父について書かれている。また、第二章では語り手はAという三人称に変更され...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,089)
  • 大衆映画論
  • 大衆映画論~映像とプロパガンダ~ 大衆映画(映画に限らず映像)は多くの人々に見られるが、そのなかで思想、行動、意識、世論を制御、統制、誘導するものに関して、我々は注意を払わなければならない。今回は 大衆に向けた作品制作を考える上で留意しなければならない点、つまり映...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(2,121)
  • 老人と海
  • 老人と海 本書『老人と海』の具体的内容の解釈から論を展開する以前の枕、換言すれば前提として本テーマに据えられている「敗北」について、個人的な考察を試みたいと思う。 私たちを取り巻く社会では、「敗北」はロマンティシズムと結びつく傾向が強い様に思える。その状態に行き...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,728)
  • 人間の欠陥からみるオセロウの悲劇性
  • 人間の欠陥からみるオセロウの悲劇性 四大悲劇のほかの作品と違い、人間の作為的な面がみられるオセロウでは、悲劇性に「人間の欠陥」が深く関係してくる。おもに「嫉妬」「疑念」「コンプレックス」「憎悪」という面からこれを考察してみたい。 イアーゴの策略により物語全体が悲...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,408)
  • 社会学で学ぶ知識について
  • 社会学で学ぶ知識について 今まで「社会学」と聞くと、何について学ぶのかいまいちよくわからなかった。「社会」それ自体にも漠然としたイメージしかなく、そんなものについてなにを学ぶのかいつも疑問を感じていた。辞書の定義で言えば「人間が集まって共同生活を営む際に、人々の...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,555)
  • 英米文学と現代の金融問題
  • 英米文学と現代の金融問題 近代に対して様々な批判を含むことが多々ある数々の英米文学、その中でも私は近代の代表とも言える資本主義の批判、とりわけ金融資本主義の批判について触れたいと思う。金融資本主義は主に北半球の先進国に見られる資本主義形態の一種だ。日本でも20世紀...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,198)
  • プラトンの国家について
  • ~プラトンの国家について~ 講義名:プラトンの『国家』について~洞窟の比喩を中心に~ 選択講師:宮崎 文典 国家という存在を考える上で、本講義で取り扱われたプラトンの思想を今回考察してみたいと思う。プラトンは国家を考える上で「理想の国家」と「人間のあるべきあり方」...
  • 660 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,779)
  • エミリー・ディキンスン
  • エミリー・ディキンスンの 非現実における時間・魂のイメージ はじめに 19世紀半ばのアメリカ文学における作品は、どことなく現状に満足できず、空想上の世界を広げ非現実の世界を追求するような動きがあるように、本講義を受けて感じた。今回は、その中でも特に印象に残った、エ...
  • 660 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,480)
  • ポールオースター アメリカ文学
  • ポール・オースター「孤独の発明」 この詩は内容だけでなく、形式も一般のものとは差異を感じる。第一章は「見えない人間の肖像」と題して(フィクションなのか自伝なのかは定かではないが)存在感の希薄な父について書かれている。また、第二章では語り手はAという三人称に変更され...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,051)
  • パフォーミングアーツ論課題レポート
  • 機会・人形の動きをする人間 今回私は大道芸やストリートダンスといった路上パフォーマンスに注目した。その中でもヘブンアーティストとして現在活躍されているPERFORMER PARTSさんの「人形振り」について論じたいと思う。 ヘブンアーティストとは2002年に東京都の石原慎太郎都知事...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,510)
  • テクストと演出
  • テクストと演出 ~4.48サイコシスからみえる「存在する」こと~ 最終日の授業で取り扱った『4.48サイコシス』について自分なりに意見をまとめたいと思う。 作者と作品について 作者のサラ・ケインは1971年に『Blasted』でデビューを飾り攻撃性とクールさを兼ね揃えた90年代ブリ...
  • 550 販売中 2010/11/10
  • 閲覧(1,192)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?