資料:25件

  • レーガン政権のマイノリティ政策
  • 1981年に誕生した共和党のレーガン政権は、ヴェトナム戦争の敗北やイラン革命によって決定的に揺らいだ「強いアメリカ」の自画像、それに付随する国際的覇権の再確立を目指し、国内外において様々な改革に着手した。このレーガン政権による、新保守主義・新自由主義的な改革は、現..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,105)
  • 客観報道とジャーナリズム―薬害肝炎報道より
  • 客観報道とジャーナリズム―薬害肝炎報道より 【要約】  客観報道の現状と展望について、薬害肝炎訴訟に対する報道をもとに考察した。  客観報道とは、報道機関がニュースを伝える際にジャーナリストの主観や意見を入れずに、事実に基づいた報道を行う、という原則である。しか..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(959)
  • 家族発展史の研究と論争
  • 家族発展史の研究の系譜と論争  家族研究における論争は19世紀中葉から始まった。当初は「家族の起源」がその争点となり、バッハオーフェン、モルガン、エンゲルスらが論壇の中心であった。  スイスの学者J・J・バッハオーフェンは、母権制論や複数婚制論の提唱者として知られて..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(789)
  • ドイツサッカーの歴史と変遷
  • ドイツサッカーの歴史と変遷 1、ドイツサッカーの創生期  サッカーはかなり早い段階でドイツへ渡ってきた。それはイングランド人がまだサッカーの諸ルールを明確に定義していないくらい早い時期であり、その当時はサッカーとラグビーの境界線ははっきりとしていなかった。19世紀末..
  • 660 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(3,531)
  • イスラムと西洋の価値観の相違
  • 現在、イスラームが西洋から敵意を受ける要因として、まずは以下のような西洋とイスラームの根本的な価値体系の相違が考えられる。  西洋世界は近代化の過程で、人間の理性にもとづく価値体系・社会規範を築き上げ、宗教から脱し世俗化していく過程こそが進歩だとみなすようになっ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(772)
  • アメリカにおけるマイノリティの市民権戦略ー黒人と女性
  • アメリカにおけるマイノリティの市民権戦略 序  アメリカ合衆国はその建国以来、多様な「人種」や「民族」集団を内包または排除することにより、その歴史を進めてきた。アメリカ「市民」は「人種」や「民族」に関わりなく、「自由・民主主義」という建国理念の下に集まった共同体と..
  • 660 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(2,119)
  • EMS企業のサプライチェーン戦略
  • EMS企業は、電子機器などの製造工程を請け負うサービスをアジア中心にグローバルに展開し急成長を遂げているが、以下では国際社会におけるEMSの果たす役割やその問題点についてバリューチェーン・商品連鎖といった観点から検討し、その上で国際社会学的なアプローチ・対抗策につい..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,130)
  • アメリカの抗議運動史と「国民」の境界ー黒人解放と反帝国主義からの考察
  • アメリカの抗議運動と「国民」の境界 序  アメリカ合衆国はその建国以来、多様な「人種」や「民族」を内包または排除することにより、その歴史を進めてきた。「アメリカ国民」は「人種」や「民族」に関わりなく、「自由・民主主義」という建国理念の下に集まった共同体とみなすこと..
  • 660 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(970)
  • 『朝鮮からみた華夷思想』の要約と考察
  • 『朝鮮からみた華夷思想』の要約と考察 序  本書は、朝鮮王朝史を概観しつつ、中国発祥の中華思想が、中韓関係にどのような影響を与えてきたのかを、朝鮮側の社会的・政治的・文化的側面から照らし出している。  中華思想における「夷」であった朝鮮の中国文化への憧憬、またそ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,707)
  • 『「死せる魂」の社会史』を読んで(要約・書評・感想)
  • 『「死せる魂」の社会史』を読んで(要約・書評・感想) 序  本書は、18世紀以降の近世ロシアに生きる農民たちの日常生活や内面意識を、身分制や共同体生活の観点から、豊富な資料を基に描き出したものである。  一般的に近世ロシアというと、啓蒙専制君主による中央集権化と急..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,011)
  • 「個人」と「社会」についての考察――フロム『自由からの逃走』を中心に
  • 「個人」と「社会」についての考察――フロム『自由からの逃走』を中心に 序  「個人」と「社会」の関係について、社会学者は多様な論を展開してきた。そしてそれらは各人の理論・思考過程の根本的な基礎を成していたといえるだろう。以下では、フロムの『自由からの逃走』におけ..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(2,127)
  • 「感情労働」と「マニュアル化」に関する社会心理学的考察
  • 現代社会の労働においては、従来の肉体労働、頭脳労働に加えて新たに「感情労働」なるものが出現し、サービス産業化が進む中であらゆる職種に広がり始めているという。「感情労働」とは、労働力商品として感情を表出したり制御したりすることが労働者に求められるもので、相手(=..
  • 550 販売中 2009/08/03
  • 閲覧(1,478)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?