camsa10さん累積訪問者(58,247名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:47件

  • 個的社会における福祉政策論
  • 福祉社会論 ―集団主義社会から個的社会へ― 20世紀末から、福祉国家の基礎が、個的社会へと変質してきており、それにともない福祉社会と社会政策は新たな原理での再編が進んでいる。 福祉国家のはじまりの19世紀後半から20世紀にかけては、家族や企業、中間団体などの組
  • 550 販売中 2010/05/13
  • 閲覧(1,085)
  • スポーツにおけるアマチュアリズムの考察
  • スポーツにおけるアマチュアリズムの概念とその問題点 1、アマチュアリズムについての概略 「アマチュアリズム」とは、19世紀後半、オリンピック創始者のクーベルタンが提唱した概念で、スポーツによる金銭的な報酬を受けるべきではないという理念のことを指す。クーベルタン
  • 550 販売中 2010/05/13
  • 閲覧(3,629)
  • 従業員のモチベーション管理-期待理論からの分析
  • 従業員のモチベーション管理の制度設計 1、従業員のモチベーションと期待理論  以下では働く人々のモチベーションを維持・向上させる一つのモデルとして期待理論について概観した上で、それに基づき、現場のリーダーが集団に影響を与える過程について考えていきたい。  期待
  • 550 販売中 2010/05/13
  • 閲覧(1,261)
  • 安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学 書評
  • 『安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学』を読んで 第Ⅰ部第一章では、日本の戦後の犯罪統計を分析し、現時点の状況を正確に把握する試みをしている。今日、世間では「治安の悪化」や「犯罪の凶悪化」が叫ばれ、新聞やテレビなどのメディアが中心となってそれを煽っている
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(1,939)
  • 社会的影響の力とステレオタイプ
  • 社会心理学の視点から、「影響力」・「ステレオタイプ」について、身近な経験を題材に論じていく。
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(1,139)
  • 承諾誘導の方法―社会心理学的考察
  • チャルディーニ著「影響力の武器」の要約と、その現代的意義について論じていく。  承諾誘導の方法-社会心理学的考察 序  他人の承諾を得るプロ、例えばセールスマン、募金勧誘者、広告主などが用いる承諾誘導の手法は、その多くが6つのカテゴリーに分類できる。それらは
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(2,704)
  • 戦後日本ナショナリズムの時代比較
  • 戦後日本に一貫する「小国主義」・対米追従の潮流にこうする思想、ナショナリズムの興隆について、高度成長期と現代を対比しつつ論じる。
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(1,525)
  • 田園都市と日本
  • 19世紀イギリスのハワードが提唱した「田園都市」について概念を整理した上で、その現代的意義と、日本に輸入された同概念の可能性と問題点について考察する。  田園都市と日本 序  近代以降の都市計画に必要とされていることは、他者と共存し、利害対立を高度な次元で解消
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(1,637)
  • 日本の愛国心-戦後のタブー化構造とその崩壊
  • 敗戦後、戦争イデオロギーとして「愛国心」はタブー化され、現代の日本でもその傾向は根強い。本稿では、戦後日本の「愛国心」をめぐるタブー化の構造を概観した上で、それが崩壊した現代における問題の所在を探っていきたい。  日本の愛国心-戦後のタブー化構造とその崩壊 序
  • 660 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(1,175)
  • 朝鮮人の政治参加と経済政策
  • 大日本帝国占領下の、朝鮮人の政治参加と朝鮮総督府の経済政策の推移 第一章 朝鮮人の政治参加 1、占領当初  1910年、大日本帝国が大韓民国を併合、植民地化した。その植民地統治の最高権限は朝鮮総督府であり、そこでは朝鮮人にはほとんど権力が分与されず、強権的な支配が行われ..
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(557)
  • 世界同時不況後の日中関係の在り方
  • リーマンショック後の世界同時不況期において、日本企業はどのように中国と付き合って行けばよいのか。「世界の市場」であると同時に「世界の工場」になりつつある中国との関係は、これからの日本、日本企業の発展に欠かすことはできない。製造業の視点からの考察を試みる。
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(724)
  • 皇民化政策
  • 大日本帝国の植民地下の朝鮮人に対して行われた、皇民化政策について、創氏改名、学校教育、共同体の視点から論じています。  朝鮮総督府の皇民化政策の推移 序  皇民化政策とは、朝鮮や台湾などの日本軍占領地において、住民を大日本帝国の忠良な臣民として戦時動員体制に
  • 550 販売中 2010/05/11
  • 閲覧(2,014)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?