JAM-NEKOさん累積訪問者(274,932名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:195件

  • 術後合併症の予防に関する看護
  • 術後合併症の予防に関する看護 1)循環器系合併症と看護 (1)後出血 後出血は、その量が多い場合は血圧低ドを起こす。そのため、組織の術後回復に必要な酸素の供給を受けられなくなったり、生体機能を維持するために重要な臓器の機能が低下したりする可能性がある。また、血圧低下が...
  • 550 販売中 2010/10/11
  • 閲覧(19,238) 4
  • 小児の成長と発達
  • 小児の成長と発達 1 成長・発達の原則と影響因子 A 成長・発達の概念 小児の身体的変化や心の変化を表す言葉には、「成長」「発達」「発育」といった言葉が用いられるが、その境界が曖昧なことが多い。一般に、どのような定義あるは使い分けがされているのだろうか。 成長・発達と...
  • 550 販売中 2010/11/15
  • 閲覧(7,641) 1
  • 感染と予防
  • 感染と予防 1.無菌した物をあつかう時、特に注意しなければならない事を2つあげなさい。 (無菌操作で注意しなければならない点を2つ) (1)落下菌に注意する。 (2)不潔なのもとの接触に注意する。 2.ある病気に免疫になるということはどうなることか。 (8.「二度なし現象...
  • 550 販売中 2010/10/05
  • 閲覧(741)
  • 基礎看護技術Ⅰ
  • 基礎看護技術Ⅰ 看護技術―看護ケアを展開する為に看護職者が対象者へ適応する様々な手段 看護技術の真髄は 対象者自身がみずからもつ自然治癒力や日常生の自立程度を高めることにあり、看護師は対象者の意のあるように援助する事が期待される。 つまり、看護師はやさしさや世話の...
  • 550 販売中 2010/10/05
  • 閲覧(11,588)
  • 基礎看護技術Ⅱ
  • 基礎看護技術Ⅱ(バイタルサイン・罨法・吸入) チエックシート 〈バイタルサイン〉 (1)バイタルサインとは、生命の徴候という意味であり、一般的には(呼吸)(脈拍)(体温)(血圧)の4つの測定した値を示す。 患者の状態によっては(意識状態や全身状態)も同時に観察する必要が...
  • 550 販売中 2010/10/05
  • 閲覧(1,497)
  • 基礎看護技術Ⅲ
  • 基礎看護技術Ⅲ 環境調整の援助 (1)環境には(内部)環境と(外部)環境がある。前者は体内の環境であり、後者は人間を取り巻く環境をさす。 (2)療養環境については、(安全性)と(安楽性)を考慮することが原則である。 療養環境の安楽性という点では、(アメニティ)という言葉...
  • 550 販売中 2010/10/05
  • 閲覧(2,085)
  • 人体のしくみと働き
  • 第1章 総論[1] 人体の構成 [A]解剖生理学 解剖学:人体の形態や構造を研究する学問 人体解剖学―3つに大別・肉眼的:肉眼的解剖学(統計解剖学) ・顕微鏡:組織学 ・愛情→生体:発生学 生理学:人体の機能(しくみや働き)を研究する学問 解剖学と生理学とは 生命の発生と維持を理解...
  • 550 販売中 2010/10/05
  • 閲覧(2,706)
  • 40.ボディイメージの障害
  • ボディイメージの障害 1 症状が生じる病態生理 1.ボディイメージとは ボディイメージとは,自己概念[図1]を構成する四つの要素の一つであり,自分の体格や顔貌,身体の部分や全体の機能を知覚することで形成されるものである。 人は誰でも他人からの刺激やブィードバックを受けなが...
  • 550 販売中 2010/10/07
  • 閲覧(5,827)
  • 01.呼吸困難
  • 呼吸困難 1 症状が生じる病態生理 1.呼吸困難とは 呼吸困難とは「呼吸が苦しい」という主観的な自覚症状である。呼吸が苦しい.ということは,呼吸時に苦痛を伴い,呼吸をするのに努力を要するという不自然な感じを自覚することである。健康な人でも,激しい運動をした後などに一時...
  • 550 販売中 2010/10/07
  • 閲覧(2,071)
  • 02.咳嗽・喀痰
  • 咳嗽・喀痰 1 症状が生じる病態生理 1.咳嗽・喀痰とは 咳嗽とは 咳嗽とは,気道内の異物や分泌物(痰)などを体外へ排除する生体防御反射の1つである. 喀痰とは 痰とは,気道の分泌物が増加し,粘膜上皮,異物,血液成分,細菌や塵埃などが混入したもので,痰を吐き出すことを喀痰という...
  • 550 販売中 2010/10/07
  • 閲覧(2,208)
  • 03.喀血
  • 喀血 1 症状が生じる病態生理 1.喀血とは 喀血とは,咽頭,気管,気管支,肺実質からの出血で,1回の喀出血液量が2mL以上のものをいう. 喀血の性状は鮮紅色で泡沫状であり,凝固性が低く,アルカリ性である同ただし,喀血の量や状況により変化することがある. 2.喀血の起こるメカニズ...
  • 550 販売中 2010/10/07
  • 閲覧(1,879)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?