カリガリさん累積訪問者(62,668名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:42件

  • 体にやさしい生活習慣
  • ヒトは、刻々と変化する状況に応じて、運動を変化させられる能力が必要である。 (歩行中にかかる膝への荷重は、体重の120%~150%かかる、負担は非常に大きく高齢者において膝関節の疾患が多くなるのは容易に想起される。) 路面は、常に平坦とは限らない。(水はけの問題、道路の舗...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(978)
  • 足関節
  • nkle joint ~足関節~ 1)足関節の各関節の運動 ⅰ)距腿関節 ・外果は内果よりも下方かつ後方に位置するため、回転軸は純粋な内外側軸からはわずかにずれる。回転軸のために背屈ではわずかの外転・外返しを伴い、底屈ではわずかな内転と内返しを伴う。したがって距腿関節は回内・...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(2,384)
  • 脊髄
  • Spinal Cord 1)脊髄の構造 ・上位の運動中枢から送られてくる情報を筋に伝達する最終共通路である。 ・31の髄節からなり、各髄節は共通の構造を持つ。 ・脊髄の横断面(図1参照)を見ると中央部には“H”形をした灰白質が、その周りには白質が存在する。 ・灰白質には前角※や後角...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(1,731)
  • 股関節
  • Hip joint ~股関節~ 1)股関節の概要 関節 ・股関節は寛骨※と大腿骨*からなる。 ※寛骨 :腸骨、恥骨、坐骨の3つの骨が癒合した。 *大腿骨:人体中、最長で最大の骨。 関節面 ・凸面:大腿骨頭 ・凹面:寛骨臼 ・LPP:軽度屈曲、外転、外旋位 ・CPP:伸展、内旋位 関節面形状...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(2,273)
  • 寝返り
  • 寝 返 り 寝返り(仰臥位から腹臥位) 通常5~6ヶ月より可能となる 獲得の目的:ほしいものに手を伸ばしてとるため 腕と背中の筋群を発達させ、四つば位になるための準備 寝返り動作獲得は3段階に分けて考えると考えやすい 仰臥位-屈曲パターン優位の段階 仰臥位での準備段...
  • 1,100 販売中 2010/12/02
  • 閲覧(2,833)
  • 坐位姿勢
  • 1.はじめに 座位姿勢は食事動作やトイレ動作など、日常生活のあらゆる場面でみられる姿勢である。また、臨床の患者様にとって座位姿勢の獲得は種々の動作の自立につながり、さらに心肺・循環機能や精神心理面への刺激など、機能回復にも役立つ大変重要なものである。 このレポ...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(5,049)
  • 高齢者の4大骨折
  • 高齢者の4大骨折 概要 ・高齢者は、骨祖粗鬆(osteoporosis)を基盤とした骨の脆弱化により、わずかな外力によって骨折を起こすことが多い。 ・保存的治療や外科的治療による骨折の整復・固定後、骨癒合に多くの日数を要し、いわゆる“寝たきり老人”になりやすく、股・膝関節の屈曲...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(3,673)
  • 肩関節
  • shoulder joint ~肩関節~ 1)肩関節とは?(図1参照) ・肩関節は(①)関節、(②)関節、(③)関節、(④)関節、(⑤)関節、(⑥)メカニズム[C-Cメカニズム]の6つの関節を含む複合関節である。 ・肩関節は運動自由度(⑦)度の(⑧)関節で、人体中最大の可動性を有する。...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(2,540)
  • 基礎医学と理学療法
  • 基礎医学と理学療法 ~歩行における小・中殿筋を中心に~ Ⅰ.はじめに 今回、基礎医学と理学療法の関わりについて簡単に述べ、股関節外転筋(小・中殿筋)を中心に評価、歩行における股関節外転筋について考察する。 まず、歩行といった動作や股関節外転といった運動を知るため...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(1,227)
  • 関節拘縮
  • ☆ 関節拘縮について 今回、関節拘縮について調べたましが、いくつかの参考資料のなかでも、その概念が多少異なっており、発生機序についても病理学的に未だ正確に解明されていないと書かれていました。 そのため今回はいくつかの参考資料を基に、私的にまとめました。 1.ROM...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(2,070)
  • 関節に関する組織
  • 関節に関する組織 1)関節包 関節包は外側の線維関節包と内側の滑膜とからなる。線維関節包は線維芽細胞、線維細胞、コラーゲン線維で形成され、骨膜の線維層と連結している。弾力性に乏しく、関節の安定性に役立っている。線維関節包は血液供給に乏しいため、損傷をうけると修復...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(2,176)
  • 階段昇降
  • 「階段昇降レポート」 INDEX 階段一足一段の昇段における筋活動 階段昇降の関節角度 階段降段時の筋活動 階段降段の関節角度 脚の動きと床反力 階段の勾配による運動の変化 足圧中心の移動軌跡 下肢の力学的負担 階段二足一段の昇段における筋活動 10.階段昇段時(二足一段)...
  • 1,100 販売中 2010/12/01
  • 閲覧(9,203)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?