中央大学通信(2018・2017年度)【民事訴訟法】課題2─評価B:「Xは、Yに対して、500万円の貸金返還を求める訴訟

閲覧数1,833
ダウンロード数77
履歴確認

    • ページ数 : 12ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『民事訴訟法』(A10A)<課題 2> 教科書執筆者:大村 雅彦
    ( 1 ) 「 そ れ に つ い て は 認 め る 」 と い う 陳 述
    X が 行 っ た 「 そ れ に つ い て は 認 め る 」 と い
    う 陳 述 は 、 訴 訟 上 、 「 自 白 」 の 効 果 が 生 じ る 。
    自 白 と は 、 相 手 方 の 主 張 し た 自 己 に と っ て 不
    利 な 事 実 を 認 め る 陳 述 の こ と で あ る 。
    自 白 さ れ た 事 実 に つ い て は 、 証 拠 に よ っ て
    立 証 す る 必 要 が な く な る ( 民 事 訴 訟 法 179 条 )。
    さ ら に 、 主 要 事 実 の 自 白 に つ い て は 、 自 白 と
    異 な る 事 実 が 認 定 で き る 場 合 で も 、 裁 判 の 基
    礎 と す る こ と は で き ず 、 自 白 が 成 立 し た 事 実
    が 真 実 で あ る と い う 拘 束 力 が 裁 判 所 に 対 し て
    生 じ る ( 自 白 の 拘 束 力 ) 。 し か し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。