明星大学 教職入門 PA1040 1単位目、2単位目 合格レポート ※2018年にも対応

閲覧数887
ダウンロード数26
履歴確認

    • 最終修正日: 2017/11/06 13:37
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員648円 | 非会員777円

    資料紹介

    明星大学通信教育 教職入門(PA1040)1単位目と2単位目の合格レポートです。2016年に提出したものです。
    参考文献:教職入門 著者青木秀夫 明星大学出版部
    1単位目
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    2.教職の専門性について論述せよ。
    2単位目
    1.現代の教員に求められるものについて論述せよ。
    2.教職者に求められる教育愛について論述せよ。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1単位目
    (1)明治の「学制」より現行の「教育職員免許法」に至るまでの教員養成の歴史について、制度と理念に触れながら述べる。
     1872年、わが国初の近代公教育制度である「学制」が制定された。長い間の鎖国によって遅れた国力を増強するために、欧米先進諸国の学術や文化を積極的に摂取するという方針を明確にし、近代的国家を目指した新しい体制の整備を行うことが目的である。学制は、全国を8つの大学区に分け、一つの大学区を32の中学区に分け、さらに一つの中学区をそれぞれ210の小学区に分けることを定め、これらの学校の中でも小学校を設置することを重視した。
     1879年、学制の不足を是正するため、「教育令」が公布され、翌1880年には教育令の改正が行われた。改正教育令以降、文部省は国民教育への積極的姿勢を示し、教員の資質や能力について言及した「小学校教育心得」や各教科の目的と内容を規定するための「小学校教則綱領」などを定めたが、国家財政上の困難や不安定な政局、経済不況、農村における干ばつ被害などの障害もあって、教育的成果は乏しく、1882年に男女平均で50%を超えていた就学率は1887年には45%にま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。