佛教大学通信 P6101 英米文学概論 第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数111
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の英米文学概論 (P6101)の第1設題のレポートであります。A判定でした。レポート作成の際に、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ベイオウルフ』、チョーサー、スペンサー、ダン、スウィフト、
    ブレイク、テニスン、ワイルド、フォスター、モームについて述べなさ
    い。
    『ベイオウルフ』
    『ベイオウルフ』はゲルマン民族の異教徒精神とキリスト今日の精神が
    融合した作品で、イギリス最古の叙事詩である。スウェーデン南部に住
    むゲート国王の甥であるベイオウルフが主人公で、デンマークのコペン
    ハーゲンが舞台である。怪物グレンデルとその母と戦い、怪物退治をす
    る。のちに国王として野望も持たずに平穏に暮らしていだ。平和な日々
    が 50 年続いた後に、ある事件が起こった。竜が 300 年に わたって死守
    した宝が盗まれて、その竜の怒りで国中に死をもたらした。老王となっ
    たベイオウルフは、自ら流退治へ向かうことになった。竜は退治された
    が、国王自らも死ぬ相討ちとなった。最後は老王ベイオウルフの遺体を
    火葬することで話の結びとなっている。
    チョーサー
    チョーサーは 1337 年から1453 年まで続いた百年戦争期の人物であり、
    三つの文学期があ。1 つ目の文学期はフランス文学期であり、『バラ物
    語』を英語タイトルを ”The R..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。