佛教大学:M5420言語学概論の科目最終試験解答(2019年11月受験→11月末合格)

閲覧数475
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学:M5420言語学概論の科目最終試験(2019年11月受験→11月末合格)の解答です。
    2019年11月受験で合格でした。
    文章の構成など参考にしていただければと思います。
    できるだけわかりやすい表現での記述を心がけました。どうぞご参考ください。
     
    <テキスト>「入門ことばの科学」 田中春美ほか 大修館書店 1994年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域方言と社会方言を説明しなさい。
    まず地域方言と社会言語とは、言語学上の便宜のために設けられた区分であり、異な
    る地域という空間的条件や政治・経済・文化という社会的条件が複雑に絡み合い、影響し
    たものである。その中で、地域方言は、場所(地域)の違いにおる言語の変種のことであ
    る。1つの言語において、地域により発音・語彙・意味が異なることを「方言」というが、
    言語学ではこれを地域方言といい、広義での「方言」と区別している。地域方言は、使用
    される地域の広さや使用人口の多さを始めとする、地域や地勢などの地理的条件や、政治・
    社会・経済・歴史・文化などの複雑な要素が関係し、様々な種類が存在してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。