運動格差の問題と対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数156
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    運動格差の問題と対策について書いたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テ ー マ:「運動格差の問題にと対策」
    2020 年の東京オリンピックが迫って来た現在、東京でもオリンピックに向けて大規模な
    工事がいまでも進行している。オリンピックの影響による経済の変化は激しいものと予想
    されるだろう。オリンピックは人々がスポーツに燃える4年に一度のスポーツ祭典であり、
    オリンピックが開催されることで、様々な影響が考えられる。近代オリンピックがアテネ
    で 1896 年に行なわれて以来、世界各国を周り、次回の東京オリンピックで 32 回目が行な
    われる。そしてそんな競技スポーツだけではなく、今やスポーツや体を動かすことは生活
    に身近な存在になっている。スポーツをするという意義は体を動かすことで、達成感や爽
    快感を得られることに加えて、他者との関わりをもつことや、ストレス発散や体力の向上、
    また身体機能の向上により生活習慣の改善など心身ともに健康的な体作りに大きく効果的
    である。またスポーツをすることでの他者との交流や対戦相手や仲間との切磋琢磨により
    は個人のアイデンティティの確立や、個人の意見や価値観の構築にも影響する。それだけ
    ではなくスポーツは生涯スポーツと言わ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。