人体構造学 設題2

閲覧数209
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/09/27 16:27
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    平成31年度姫路大学通信教育課程「人体構造学」合格済みレポートです。
    評価はすべて1
    この資料を基に作成したもので科目試験合格しました。(評価S)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2
    中枢神経系および末梢神経系についてその構造や働きについて説明しなさい。
    私たちの身体は、体内の働きを調節したり、外部の刺激から身体を守ることで、一定の
    状態に保つことができる。複雑な身体の構造をもつ動物になればなるほど、自らの身体を
    環境に適応させ、安定させるホメオスタシス(恒常性)のしくみが発達している。走る、ジャ
    ンプするなどの動作や脈拍が上がる、汗をかくなど体内の活動は、すべて神経系がコント
    ロールしている。神経系は、体内外の環境変化や情報をすばやく処理し、その情報に応じ
    て生体各部を調節する器官である。
    神経系は、多数の異なった機能をもつ神経細胞から構成されている。神経細..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。