【2020年最新】教育社会学 リポート&試験解答5題セット

閲覧数392
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    【佛教大学 教育社会学 リポート&試験5題セット 】

    本資料は、これ一つで単位取得が目指せるよう作成したものです。
    リポート1題(2020年5月受理)と、科目最終試験においてローテーションで出題される5問全ての解答例をセットにしてあります。詳細は以下の通りです。


    〇第1設題:
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。
    ※できるだけわかりやすい表現を心がけ、「秀逸なレポートと判断できます。」とのフィードバックをいただきました。

    〇科目最終試験

    科目最終試験
    1.日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ。
    2.いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題ではないことについて説明せよ。
    3.いじめ問題の国際比較を通して、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
    4.国際化する社会に対応した教育とは何かについてまとめ、そのために学校はどのように変わらなければならないのか説明せよ。
    5.イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。

    参考文献:原清治他編著『比較教育社会学へのオマージュ』(学文社、2018)

    ※リポートの丸写しは大学規定で処罰の対象となりますのでご注意ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのか
    について、学力の視点から述べてください。
    はじめに
    近年、学歴社会は崩壊したと取りざたされるようになり、学歴社会という波に乗って
    いれば、とりあえずは安泰であるといった時代は過ぎたと言われている。本リポートで
    は、そもそも学歴社会とは何かということについて明らかにし、高学歴化が進行すると
    教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から考察していく。構成としては、
    第1章で、学歴社会とは何かについて、第 2 章で、学歴社会が形成された背景について
    それぞれ明らかにし、第 3 章で学歴がどのように評価されるかについて触れ、最後に第
    4章で高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から
    考察する。また、本リポートは、主に原清司他編著『比較教育社会学へのイマージュ』
    (学文社,2016 )の内容をまとめたものである。
    第 1 章 学歴社会とは何か
    まずは学歴社会とは何かということについて明らかにする。学歴社会とは、「社会に
    おける社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。