【佛教大学/最新2021年度】初等教育内容音楽 S5521 最終試験 A判定

閲覧数588
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学 【最終試験】合格済みのレポートです。
    2021年度シラバス対応の最新版です。
    本レポートを参考に自身の経験を織り交ぜてご利用いただけると幸いです。
    ※内容の丸写しは絶対にお控えください

    ◯参考文献
    高見仁志(2018)「新しい小学校音楽科の授業をつくる」ミネルヴァ書房

    ○佛教大学通信教育課程のレポートをまとめていますので
    是非、お気軽にご覧ください!お役に立てれば幸いです!
    https://www.happycampus.co.jp/docs/921458137669@hc21/?__a=gnb

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. ①共通教材「もみじ」を歌唱の活動として指導する時の具体的な指導方法を提案し、その指導
    を行うために教師が備えておくべき音楽的能力について,テキスト15章と16章の内容と関連づけ
    ながら述べよ。
    ②上記①で述べた内容を例に,指導方法と教師の音楽的能力の関係性について,PCKの発想(序
    章)に基づき私見を述べよ。
    <①の回答>
    ①-1.「もみじ」歌唱活動の指導法
    【学習活動】
    (1)「もみじ」の曲想と音楽の構造や歌詞の内容との関わりを捉える
    (2)楽譜を見て、曲全体の特徴を捉える
    (3)曲想に合った自然で無理のない歌い方で主旋律を歌う
    (4)斉唱や輪唱を通して、互いの声や伴奏を聴いて、自分の歌声を調和させて歌う
    (5)副次的な旋律を聴き、二部合唱を歌う
    【具体的な内容】
     (1)(2)では初めに、歌詞を音読して情景を想像させ、どのような歌い方が適しているか考える。
    具体的には「秋の美しい紅葉の様子を表した穏やかで優しい曲」と捉えることができる。また、
    楽譜からリズムや旋律、声部の重なり方、曲全体を確認する。本活動では視聴覚教材を利用して
    視覚的に情景を思い浮かばせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。