ベンチャー企業の違う視点からの立ち上げ方について

閲覧数1,163
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    今日のような日本の社会には、資金や潜在顧客、また人材、そして技術が溢れているのにも関わらず、それぞれの運用規則や部門対立などにより、自由な事業創造が生かしきれない状況が生まれつつあります。そういった問題を解決するために、社員一人一人の構想を重視する、新規事業が社内ベンチャーとして正式に承認される時代へと移り変わって来つつあります。
    この社内ベンチャーには、既存する企業の内部に、ベンチャー事業を実施する部門を新しく設けたりする事を指しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ベンチャー企業の違う視点からの立ち上げ方について
    今日のような日本の社会には、資金や潜在顧客、また人材、そして技術が溢れているのにも関わらず、それぞれの運用規則や部門対立などにより、自由な事業創造が生かしきれない状況が生まれつつあります。そういった問題を解決するために、社員一人一人の構想を重視する、新規事業が社内ベンチャーとして正式に承認される時代へと移り変わって来つつあります。
    この社内ベンチャーには、既存する企業の内部に、ベンチャー事業を実施する部門を新しく設けたりする事を指しています。また、新規事業を行う特定事業部門を分離、そして独立させ、新たに子会社を設立して、新規事業を開始したりする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。