コンピュータ論レポート第2設題アップロード用

閲覧数1,859
ダウンロード数20
履歴確認

    • ページ数 : 8ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンピュータの処理速度をあげるにはどのような方法があるか、具体的なケースに即して述べよ。
     現在のコンピュータには、個人使用に限ってみても、音楽や動画処理のような複雑な演算能力が求められている。しかしユーザーはそのような処理の中でしばしば処理速度の遅さにストレスを感じてしまうことがある。そこで今回は、処理速度に不満足を感じる場合、速度を上げるにはどのような方法があるのかを具体的に論じていく。
     一口にコンピュータといっても、形状もスペックも価格も様々である。もちろん高価でハイスペックな機種を選択すれば相応の処理速度を得られるが、そのような出資を検討する前に、もっと簡単に処理速度を向上させる方法を挙げる。
     まず考えられるのが、デフラブの実行である。コンピュータを長期的に使用していると、ファイルの断片化(フラグメンテーション)と呼ばれる現象がおきる。このフラグメンテーションは、あるファイルを削除して出来た穴に、その削除したファイルより大きいサイズのファイルを保存しようとした場合、すべてが1つの穴に収まらないので他の場所に分けて保存することで生じる。こうなるとあちこちに読みにいく必要ができ...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。