山月記プリント 授業理解 内容理解への対応表 予習復習に

閲覧数7,854
ダウンロード数14
履歴確認

イメージを作成中です。
資料の閲覧が長時間できない場合、ヘルプにお問い合わせください。

  • ページ数 : 4ページ
  • 会員550円 | 非会員660円

資料紹介

山月記 <李徴について考える>◎李徴の人物像をまとめよう
・〈博学才穎〉…(学力)に優れ、(才能)に恵まれた人物
・〈狷介〉…人との(協調性)に欠け、(自負心)が強い。
・〈詩人〉…(詩人)として(名)を残そうとした。
→自負心・自尊心がとても強い。 虎として 詩人として 人間関係 妻子へ    李徴の考え方など 月一(虎)になる
・(詩作)にふける
人との(交わり
妻子のため
(残月)の光・(文名)は容易を絶つ)
に(賤吏)とな
を頼りにに揚がらない

・(焦燥)に駆ら(妻子を養うためにやりたくない仕事に就く。)れる二・異類の身
懐かしい(旧友)との(隔て)ない会話
・あさましい姿をさらせない
・畏怖嫌厭の情を起こさせる
・醜悪な姿
・恥ずかしい三★虎になってから
(完全)に虎になったら
・夢の中で(夢だ)と知っているような夢
(目を信じ)なかった
(人も)でさえ忘れてしまう
 ↓
・(何事も)我々にはわからぬ
これは(夢)だ
 ↓
★理由も(わからずに押し付けられたものをお(茫然)とした
となしく受け取って)、理由も(わからずに生 ↓
きてゆく)のが我々生き物の(さだめ)だ
そし

資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

-1-
山月記
<李徴につ い て考える
>
◎李徴の人物像をまとめよう ・〈博 学 才 穎 〉…
(
学 力
)
に 優 れ 、
(才 能
)
に 恵 ま れ た 人 物
・〈狷 介 〉… 人 と の( 協 調 性 )に 欠 け 、(自 負 心 )が 強 い。 ・〈詩 人 〉…
(
詩 人
)
と し て( 名 )を 残 そ う と し た 。
→自負心・ 自尊心がとても強い 。
虎として 詩人として 人間関係 妻子へ 李徴の考え方など 月
(
残 月
)
の 光

(虎
)になる

詩作
)にふける 人との
(交わり 妻 子 のため

文 名
)は 容 易 を頼りに を絶つ
)

(賤吏
)とな
る に揚がらない
(妻子を養うためにやりたくない 仕事に就く。
)

焦 燥
)に 駆 ら
れる
・異類の身 懐かしい
(旧友
)との
(隔て
)ない会話

・あさましい姿をさらせない ・畏怖嫌厭の情を起こさせる ・醜悪な姿 ・恥ずかしい
★虎になってから
(完全
)に虎になったら
・夢の中で
(夢だ
)と知っているような夢

(目を信じ
)なかった
(故人
)でさえ忘れてし..

コメント0件

コメント追加

コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。