PSP検査

閲覧数1,238
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2009/04/12 13:21
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    タグ

    時間看護看護学

    代表キーワード

    看護学PSP検査

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PSP検査 (フェノールスルフォスタレンテスト)
    目的
    近位尿細管の機能状態を調べる。
    必要物品
    フェノールスルフォンスタレン1A、1ml注射器1本、22G注射針1本、水300~600ml、採尿用コップ2個、ストップウオッチ
    方法
    朝は絶食とする。
    注射施行30分前に完全排尿する。排尿後第1内科は600ml、第2内科は300ml水を飲む。
    PSP試薬を1ml医師が静脈注射する。
    注射後15分、120分に各々コップに採尿してもらい、検体を提出する。
    バルーンカテーテル留置中の患者の場合   1)注射施行30分前に畜尿袋を空にしてから、水を飲んでもらう。   2)PSP試薬を静注..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。