社会学 農業経営後継者問題

閲覧数1,411
ダウンロード数5
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    社会学
    ☆農業経営の継承問題
    家族農業経営の継承ということが日本農業の大きな課題となっている。農家の高齢化や農業所得の減少に歯止めがかからず農家個数が減少し、2002年の農家人口はおよそ990万人と始めて1万人を下回った。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学
    ☆農業経営の継承問題
    家族農業経営の継承ということが日本農業の大きな課題となっている。農家の高齢化や農業所得の減少に歯止めがかからず農家個数が減少し、2002年の農家人口はおよそ990万人と始めて1万人を下回った。さらに、経済の長期低迷による農産物価格の下落やBSE(牛海綿状脳症)の発生、食品不正表示からの安全性問題、WTO(世界貿易機関)の農産物貿易に対する対応と農業の抱える悩みは拡大している。日本の農業は、今、大きな岐路に立っている。
    しかし、近年、経済雇用情勢が悪化する中で、就職観が変化し自然志向が高まったのか、農業をやってみたいと思っている人が確実に増えているという。特に、定年..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。