社会福祉士 医学2

閲覧数732
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活習慣病の中で一番多い疾患が高血圧であり、現在の患者数は3,500万人ほどである。
    高血圧は血圧が高い以外は自覚症状がないために特別病気と認識されること無く症状が進でしまうことが多いと思われるが、ほおっておくと将来は脳卒中や心不全などの生死にかかわる病気を引き起こすことがある。すなわち高血圧にならないような生活習慣を保つ事ができれば他の生活習慣病になるリスクは劇的に低下することになる。
     高血圧の主な原因としてもっとも重要なものに塩分の過剰摂取があげられ、その他には運動不足、肥満、アルコール、喫煙、ストレスなどが列挙される。
     先ずは塩分についてであるが現在JSH2004(高血圧治療ガイドラ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。