生きる

閲覧数784
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    タグ

    生きる生と死脳死心臓科学手術病気自然生死

    代表キーワード

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「トクン、トクン」と心臓は今この時を刻んでいる。私たちが意識していない今も、心臓は自身の仕事をこなしているのである。心臓だけではない。心臓以外の身体を構成している各器官や各細胞は、自身がすることをきちんと理解し、行動をしているのである。人はそんなことは意識していないのに。
    生命とは親の身体に宿った時から存在している。人はこの世に生まれた時から日々成長し、生活している。人はその生活の中で様々なことを経験し、考え、色々なことを思うのである。中には、日々の生活がつらくて「死」について考える人もいるだろう。しかし、そんなに簡単に死に向かってはいけないのではないか。死後の世界がどういうものなのか私には想..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。