社会学

閲覧数537
ダウンロード数8
履歴確認

    • 最終修正日: 2008/01/08 15:38
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人口減少社会とはますます低下していく出生率により、2005年には13.7%であった年少人口が次第に減少していき、その結果として高齢化率も上昇している現在如何に平均寿命が世界一とはいえ、伸びきってしまった平均寿命の社会では出生よりも死亡がふえて、総人口が減り始める「三位一体の人口変化」が生じる少子高齢化社会と見ることが出来る。
     このままでいくと2025年には全世帯の37%が高齢世帯となり、また高齢者の一人暮らし世帯が全体の13.7%にも達し合わせて全世帯のうち一人暮らしがほぼ三分の一になり、現在は主流である核家族を凌駕することとなる。
     少子化の原因としては未婚率の上昇と既婚者の出生力低下があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。