心理学研究法 第2課題 第1設題(聖徳大学)

閲覧数330
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    聖徳大学・通信教育「心理学研究法」第2課題第1設題 「以下のキーワードをすべて用いて、「独立変数の手続き化の方法」を説明しなさい」キーワード【概念的独立変数】【純化】【多重操作】【概念的従属変数】※評価B

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題

     独立変数は研究者が操作する要因であり、その手続き化は、実験の信頼性と妥当性を確保する上で不可欠である。研究者が独立変数をつくり出す作業は、独立変数の手続き化と呼ばれる。
    概念的な変数を具体的手続きに翻訳するプロセスとして、【②純化】が重要となる。【②純化】とは、1つの手続きを、1つの意図した変数にできるだけ忠実に翻訳していくことである。
     たとえば、「笑う回数が多い人は友人が多い」という仮説を実験で調べようとする。独立変数としたいのが「笑う回数」である場合、この【①概念的独立変数】を具体的な手続きに落とし込む必要がある。たとえば、ある研究者が考える「笑う」は、「声を出し...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。