臨床心理学概論 第2課題 第1設題(聖徳大学)

閲覧数269
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    聖徳大学・通信教育部「臨床心理学概論」第2課題 第1設題
    「心理職が活動すると考えられる領域と、その中から1つの領域を選び、その現場において想定される問題(出来事)とその問題(出来事)に対する心理職としての役割や対応方法について述べてください。」※評価B

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題

     心理職の活動領域は、医療保健分野、教育分野、産業分野、福祉分野、司法分野に分けられる。本稿では、そのうち教育分野について述べる。
     教育現場で起こりうる問題として、主に不登校といじめがある。
     まず、不登校の原因として一般的に思い浮かべやすいのは、生徒間のいじを筆頭とした対人関係の問題であろう。しかし、実際は対人関係以外にも、家庭環境の問題、学業上の問題、社会的な問題、心理的・身体的な問題などさまざまな要因が考えられる。たとえば学習障害を抱えているある生徒は、努力してもなかなか学習成果が出ないために授業参加への意欲が低下し、不登校につながる。あるいは授業についていけない...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。