【星槎大学 2023年】英語学概論Ⅱ 科目修得試験 評価S

閲覧数171
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    テーマ:教科書で学んだ「英語らしさ」について日本語と対比させながら概観し(前半)、その概観をふまえて、日本語で書かれた文章(小説、戯曲、詩、エッセイなど日本語が原文のもの)とその英訳の一節を資料に「英語らしさ」を比較考察しなさい(後半)。考察する言語資料は独自に選定し、引用元を明記すること。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     549103 英語学概論Ⅱ
    テーマ:教科書で学んだ「英語らしさ」について日本語と対比させながら概観し(前半)、その概観をふまえて、日本語で書かれた文章(小説、戯曲、詩、エッセイなど日本語が原文のもの)とその英訳の一節を資料に「英語らしさ」を比較考察しなさい(後半)。考察する言語資料は独自に選定し、引用元を明記すること。
    本レポートでは、はじめに、教科書で学んだ「英語らしさ」について日本語と対比させながら概観し、その後、その概観をふまえて、日本語で書かれた文章とその英訳の一節を資料に「英語らしさ」を比較考察していく。また、教科書や講義で学んだ、「英語らしさ」についてはさまざまあるが、今回は「依頼」に関するポライトネスの違いに着目し、述べていく。
    日本語とアメリカ英語の依頼の表現方法には大きな違いがある。日本語では、相手との関係や状況に応じて依頼の言い方を変えることが多い。具体的には、公的な場や目上の人に対しては、「ペンをお借りしてもよろしいでしょうか?」のような丁寧な言葉遣いを使うことが挙げられる。しかし、友人や親しい間柄では、「ペン借りていい?」や「ペン貸して」といったカジュアルな表...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。