【2023年 星槎大学】異文化理解 レポート 評価A

閲覧数204
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    テーマ:第 9 章「国際語としての英語:様々な背景をもつことば」をよみ、平成元年(1989 年中学)告示された当時の新学習指導用要領 外国語科では、「英語を使ったコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる、言語や文化に対する関心を深め、国際理解の基 礎を培う」という文言がどのように学校の外国語(英語)科教育に反映され、現在の新しい教育課程(最新の教育課程は中学・平成 29年(2017 年)告示、高校・平成30年(2018年)告示の物です)へとつながっていったのかを自分の体験を交えながら論じてください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    549119 異文化理解 受講スクーリング:2023年7月30日

    テーマ:第 9 章「国際語としての英語:様々な背景をもつことば」をよみ、平成元年(1989 年中学)告示された当時の新学習指導用要領 外国語科では、「英語を使ったコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる、言語や文化に対する関心を深め、国際理解の基 礎を培う」という文言がどのように学校の外国語(英語)科教育に反映され、現在の新しい教育課程(最新の教育課程は中学・平成 29年(2017 年)告示、高校・平成 30年(2018年)告示の物です)へとつながっていったのかを自分の体験を交えながら論じてください。

    本レポートでは、私が学生時代を過ごした平成20年(中学)告示された当時の学習指導用要領の外国語科の目標において、「外国語を通じて,言語や文化に対する理解を深め,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り,聞くこと, 話すこと, 読むこと, 書くことなどのコミュニケーション能力の基礎を養う」という文言がどのように学校の当時の外国語(英語)科教育に反映され、現在の新しい教育課程へとつながっていったのかを自...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。