【星槎大学 2023年】道徳の理論・指導法 科目修得試験 評価C

閲覧数224
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    (1)スクーリングでの学修を通して、特別の教科道徳(道徳科)の授業を行う教師が大切にすべきことは何かについて、 自分が実践しようとする指導法例を上げて、自分の考えをまとめる。
    (2)教育活動全体を通じて行う道徳教育について、「中学校学習指導要領解説総則編」P136~141 を参考に、免許取得予定教科における道徳教育をどのように行うかについて、自分の教科で実践しようとする具体例を上げて、自分の考えをまとめる。

    タグ

    環境英語人権道徳社会倫理文化教師

    代表キーワード

    星槎大学環境英語

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     581107道徳の理論・指導法(中等)
    試験問題:
    (1)スクーリングでの学修を通して、特別の教科道徳(道徳科)の授業を行う教師が大切にすべきことは何かについて、自分が実践しようとする指導法例を上げて、自分の考えをまとめる。
    特別の教科道徳(道徳科)の授業において教師が大切にすべき点はさまざま考えられるが、今回は①生徒の自立性と主体性の尊重、②多角的な視点からの考察の促し、③道徳的判断力と心情の育成、④実践的な活動を通じた道徳教育の深化を取り上げて述べる。まず1つ目に、生徒の自立性と主体性の尊重について述べる。道徳教育の目的は、生徒が自らの価値観を形成し、判断力を養うことにある。自立性と主体性を尊重することにより、生徒は自分自身で考え、自分の行動に責任を持つことを学ぶことができる。その過程で、彼らは自分の信念や価値観に基づいて行動する力を身につけ、社会の一員として自律的に行動できるようになるだろう。具体例として、倫理的問題に関するケーススタディを用いて、異なる視点から問題を考察させ、自分の考えを述べさせることで、生徒の主体的な思考を促すことが考えられる。この活動は、生徒に自己の意見を...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。